ビジュアルでわかるトリガーポイント治療

著者:Simeon Niel-Asher
監訳:伊藤和憲
A4判 240頁 オールカラー
ISBN978-4-89531-846-4
定価5,040円(本体4,800円+税)

サンプルページを見る

内容

わかりやすい! 理解しやすい!
日常診療に役立つ基本情報が見開き単位のビジュアルで一目でわかる!!


欧米のトリガーポイントの参考書としてもっとも評価が高いベーシック解説書を
伊藤和憲氏が日本の治療家向けに監訳!


本書は、起始部・停止部、作用、トリガーポイントの出現部位や関連痛パターンなど治療に必要な基本情報を体系的にまとめ、筋肉ごとの適応や鑑別診断、さらには考慮すべき事柄や患者へのアドバイスなどをわかりやすい見開きページで紹介。トリガーポイントの基礎から、日常診療に応用できる実践的な知識まで豊富なイラストとわかりやすい解説で総合的にマスターできる、臨床家待望の一冊。


[本書の特長]
●カラーイラストでトリガーポイントの出現部位や特徴的な関連痛パターンを解説した国内初の書。ビジュアルでわかるので入門者にも理解しやすい。
●筋肉を増強するために重要な筋力トレーニングや、家庭で行えるセルフストレッチを紹介。患者へのアドバイスに活用できる。
●起始部・停止部、作用、トリガーポイントの出現部位や関連痛パターンなど、治療に必要な基本情報から、考慮すべき事柄や患者へのアドバイスといった日常診療にすぐ活かせる情報まで網羅。
●各項目を一定の形式で簡潔に記載しているので知りたい情報が探しやすい。
●トリガーポイントに関する最新の知見や治療技術も紹介。

目次

第1章 骨格筋の構造と筋膜
第2章 トリガーポイントとトリガーポイントの構造
第3章 治療
第4章 顔面部・頭部・頚部の筋肉
第5章 体幹および脊柱の筋肉
第6章 肩および上腕の筋肉
第7章 前腕および手の筋肉
第8章 殿部および大腿の筋肉
第9章 下腿および足部の筋肉
第10章 総括:トリガーポイントを超えて

関連書籍

隔月刊「鍼灸ジャーナル」

隔月刊「鍼灸ジャーナル」

東洋医学の可能性を探る鍼灸医学情報誌 鍼灸ジャーナル
詳細を見る

このページのトップへ