刺絡聞見録

説:三輪東朔 筆記:伊藤大助
注釈:工藤訓正/安井広迪/大貫進/白井一郎
A5判 166頁
ISBN978-4-89531-820-4
定価3,990円(本体3,800円+税)



内容

江戸時代後期に活躍し、唯一ともいえる刺絡の専門家であった三輪東朔。卓越した臨床眼が随所にみられ、現代的観点から見ても有効な刺絡療法の名著を、忠実に復刻。懇切丁寧な注釈を付することでより理解しやすくなり、刺絡を学ぶ鍼灸師ににおすすめの一冊。

関連書籍

隔月刊「鍼灸ジャーナル」

隔月刊「鍼灸ジャーナル」

東洋医学の可能性を探る鍼灸医学情報誌 鍼灸ジャーナル
詳細を見る
現代訳 南北相法

現代訳 南北相法

現代訳校閲者:小林三剛
顔、手爪の状態、気色で病気を判断する相術を説いた望診のための貴重な古典の現代訳。中国陰陽五行の相術を日本の風土にあわせて独自に展...
詳細を見る

このページのトップへ