傷寒論演習

講師:藤平 健 編者:中村謙介
A5判 736頁
ISBN4-89531-743-9
定価:本体9,563円(税別)



内容

奥田謙蔵氏の名著をテキストとし、高弟である藤平健氏が5年以上にわたって講師を勤めた「賢友会」の講義録をもとに一冊にまとめた傷寒論の解説書。藤平氏と会員の熱心なやり取りから傷寒論の真髄が明らかになる。

目次

太陽病 上篇
太陽病 中篇
太陽病 下篇
陽明病篇
少陽病篇
太陰病篇
少陰病篇
厥陰病篇
霍乱病篇
陰陽易差後労復病篇

関連書籍

傷寒論の読み方

傷寒論の読み方

編著:三谷和男
動いて止まってはいない生命のなかで、さらに変化極まりない病変を述べているのが傷寒論である。古典の「ことば」ではなく「こころ」をつ...
詳細を見る
臨床必携 傷寒・金匱40処方

臨床必携 傷寒・金匱40処方

著者:趙 明鋭 訳:趙 樹胆
中国でも古来常用されてきた『傷寒・金匱』の基本40処方を精選! 症候別に典型的な症例と薬方運用の実際を平易に解説して、混沌とした...
詳細を見る
傷寒論 訳注

傷寒論 訳注

家本 誠一 著
より深く理解できる『傷寒論』解説の決定版 長年にわたり『傷寒論』や『金匱要略』といった東洋医学の古典を学んできた家本誠一氏が、...
詳細を見る

このページのトップへ