傷寒論の読み方

古典を臨床に生かす

編著:三谷和男
B5判 216頁
ISBN4-89531-747-1
定価:本体9,000円(税別)



内容

動いて止まってはいない生命のなかで、さらに変化極まりない病変を述べているのが傷寒論である。古典の「ことば」ではなく「こころ」をつかむことが、傷寒論の本質を生かした漢方診療に欠かせないことを教えてくれる一冊。

目次

序 文
序 章 傷寒論概説
第1章 辨太陽病脉證并治上第五
第2章 辨太陽病脉證并治中第六
第3章 辨太陽病脉證并治下第六
第4章 辨太陽病脉證并治下第七
第5章 辨太陽病脉證并治下第八
第6章 辨太陽病脉證并治下第九
第7章 辨太陽病脉證并治下第十
第8章 辨太陽病脉證并治下第十一
第9章 辨太陽病脉證并治下第十二
第10章 辨太陽病脉證并治下第十三
付録1 平胃散の運用と五積散との関連
付録2 頭痛の漢方治療
付録3 三谷和合追悼座談会
参考文献

関連書籍

傷寒論演習

傷寒論演習

講師:藤平 健 編者:中村謙介
奥田謙蔵氏の名著をテキストとし、高弟である藤平健氏が5年以上にわたって講師を勤めた「賢友会」の講義録をもとに一冊にまとめた傷寒論...
詳細を見る
臨床必携 傷寒・金匱40処方

臨床必携 傷寒・金匱40処方

著者:趙 明鋭 訳:趙 樹胆
中国でも古来常用されてきた『傷寒・金匱』の基本40処方を精選! 症候別に典型的な症例と薬方運用の実際を平易に解説して、混沌とした...
詳細を見る
傷寒論 訳注

傷寒論 訳注

家本 誠一 著
より深く理解できる『傷寒論』解説の決定版 長年にわたり『傷寒論』や『金匱要略』といった東洋医学の古典を学んできた家本誠一氏が、...
詳細を見る

このページのトップへ