傷寒論 訳注

家本 誠一 著
B5判 780頁
ISBN978-4-89531-749-8
定価:本体9,800円(税別)



内容

より深く理解できる『傷寒論』解説の決定版

長年にわたり『傷寒論』や『金匱要略』といった
東洋医学の古典を学んできた家本誠一氏が、
『宋本傷寒論』の全文を徹底解説!


『傷寒論』を平安末期から読み続けてきながら、日本人がいまだに正確に理解できないのは『素問』『霊枢』を読み込んでこなかったためだと考える著者が、『素問』『霊枢』に基づいてその本質を紹介する。さらに訳だけではなく、注釈を多くすることで、より深く『傷寒論』を理解できる構成となっている。初学者からベテランの臨床家まで東洋医学を学ぶ者にとっては必読の一冊。

[本書の特徴]

1.『宋本傷寒論』の全文を徹底解説
2.『素問』『霊枢』に基づいた訳注
3.注釈を多くして分かりやすさを追究

目次

刻仲景全書序
傷寒論序
國子監
傷寒卒病論集

◆傷寒論 巻第一
辨脉法 第一
平脉法 第二

◆傷寒論 巻第二
傷寒例 第三
辨痓濕暍脉證 第四
辨太陽病脉證并治上 第五

◆傷寒論 巻第三
辨太陽病脉證并治中 第六

◆傷寒論 巻第四
辨太陽病脉證并治下 第七

◆傷寒論 巻第五
辨陽明病脉證并治 第八
辨少陽病脉證并治 第九

◆傷寒論 巻第六
辨太陰病脉證并治 第十
辨少陰病脉證并治 第十一
辨厥陰病脉證并治 第十二

◆傷寒論 巻第七
辨霍亂病脉證并治 第十三
辨陰陽易差後勞復病脉證并治 第十四
辨不可發汗病脉證并治 第十五
辨可發汗病脉證并治 第十六

◆傷寒論 巻第八
辨發汗後病脉證并治 第十七
辨不可吐 第十八
辨可吐 第十九

◆傷寒論 巻第九
辨不可下病脉證并治 第二十
辨可下病脉證并治 第二十一

◆傷寒論 巻第十
辨發汗吐下後病脉證并治 第二十二

傷寒論後序

関連書籍

金匱要略 訳注

金匱要略 訳注

著者:家本誠一
『金匱要略』が分かる極め付けの一冊! 『傷寒論』と並ぶ東洋医学の重要古典で、現代医学の内科書に当たる『金匱要略』を『素問』『霊...
詳細を見る
傷寒論の読み方

傷寒論の読み方

編著:三谷和男
動いて止まってはいない生命のなかで、さらに変化極まりない病変を述べているのが傷寒論である。古典の「ことば」ではなく「こころ」をつ...
詳細を見る
傷寒論演習

傷寒論演習

講師:藤平 健 編者:中村謙介
奥田謙蔵氏の名著をテキストとし、高弟である藤平健氏が5年以上にわたって講師を勤めた「賢友会」の講義録をもとに一冊にまとめた傷寒論...
詳細を見る

このページのトップへ