鍼灸ジャーナルvol.14(2010年5月号)


定価:本体1,429円(税別)

サンプルページを見る

内容

【 特集座談会 】

中枢感作症候群と変化する西洋医学

~分析の医学と全体の医学~ <前編>

欧米では線維筋痛症、慢性疲労症候群、うつ病などを中枢感作症候群として捉えて治療する傾向が強まっています。そんな欧米での現状を踏まえて解説し、今後の治療としてどう生かしていくべきか、さまざまな角度でお話しいただきます。

伊藤和憲 今井賢治 福田文彦

 

【 松田博公・対談シリーズ「日本鍼灸を求めて」 】

第14回 二木清文

 

【 症例クローズアップ 】

不眠症へのアプローチ

▼Case1「不眠症」
樋口秀吉

▼Case2「睡眠障害」
高士将典

▼Case3「古典と自己対処法からアプローチする不眠症」
関 信之、間純一郎

●治療家の手
「形井秀一」

●ビジュアル実技解説
初心者のための実践講座
「第4回 切経のトレーニング1」
金古英毅

●打鍼法実技解説
藤本蓮風

●美容鍼灸最前線
「第5回 実技編(2) 二指推鍼法と顔面部に対する刺針」
北川 毅

●譚先生の古典鍼灸入門
譚源生/浦山きか

●ドキュメンタリー「近代鍼灸史」
油井富雄

●漢文つまみ食い
杉山 勲

●トークセッション
灸法臨床研究会主催特別企画
「アメリカ・ネパール・日本の各国鍼灸事情(2)」

●ベーシック治療院経営
豊島猛利

●薬方愚解
木田一歩

●治療院訪問(15)
「さかい鍼灸整骨院」

●中医学ウオッチャー
谷田伸治

●INFORMATION

●BOOKS


このページのトップへ