鍼灸ジャーナルvol.2(2008年5月号)


定価:本体1,429円(税別)



内容

【 巻頭座談会 】

 いま日本鍼灸界に問われるもの
 ―鍼灸グローバル化時代を切り拓く―後編

 矢野 忠(全日本鍼灸学会会長)
 小林詔司(日本伝統鍼灸学会副会長)
 形井秀一(筑波技術大学教授)
 司会:松田博公

【 ビジュアル実技解説 】

 ■はじめての深谷灸法
  「 取穴再考―前編 」
  /福島哲也

 ■日常診療に役立つトリガーポイント講座
  /シメオン・ニール-アッシャー、伊藤和憲

 【 松田博公・対談シリーズ 】
第2回「 藤本蓮風 氏 」

【 症例クローズアップ 】

 うつ病へのアプローチ

 ▽Case1
 「 うつ病と積聚治療 」小林詔司
 ▽Case2
 「 パーキンソン病に伴う『うつ』の治療経験 」桑名一央
 ▽Case3
 「 ホリスティックな視点からみたうつ症状(うつ病)
   における鍼灸治療の現状、可能性と限界 」石原克己

【 治療家の手 】

 大貫進

 ■鍼灸学校訪問
  「 関東鍼灸専門学校 」

 ■ドキュメンタリー
  「 近代鍼灸史 」

 ■茶々丸のはりきゅう興味津々
  /福島哲也

 ■漢文つまみぐい
  /杉山 勲

 ■食養道心
  /小林重芳

 ■邦医学テキストシリーズ
  「 愚解経脈論―基礎編(2)― 」
  /木田一歩 ■鍼灸師のための治療院マネージメント
  /豊島猛利

■治療芸術研究所
  「 リラク地帯を往く 」
  /ハリー由規

■トークセッション
  「 女性鍼灸師フォーラム(2) 」

■治療院訪問
  第3回「 東明堂 石原鍼灸院 漢方薬局 」

■あい先生のはりきゅう日記
  /天野聡子

■INFORMATION

■求人情報

■中医学ウオッチャー
  /谷田伸治


このページのトップへ