鍼灸ジャーナルvol.6(2009年1月号)


定価:本体1,429円(税別)



内容

【 巻頭座談会 】

日本鍼灸にとって中医学とは何か<前編>
臨床家はどう活用しどう超えているか

日本の鍼灸界は中医学をどのようにとらえ、どう活用していくべきなのか。中医学を取り入れた独自の臨床システムで治療を行う3名の臨床家の先生にお集まりいただき、日本鍼灸にとっての中医学を臨床、教育などの現場からどう位置づけていくべきか、鍼灸ジャーナリスト松田博公氏の司会に意見交換をしていただく。

石原克己 篠原昭二 吉川正子 松田博公

 

【 松田博公・対談シリーズ 】

「第6回 向野義人」

 

【 症例クローズアップ 】

「坐骨神経痛へのアプローチ」

▽Case1「坐骨神経痛の鍼灸治療」鍋田智之
▽Case2「気分変調性障害に併発している坐骨神経痛」小池英義
▽Case3「坐骨神経痛から教わったこと」伊藤昌芳

■治療家の手
「谷岡賢徳」

■第2回 北辰会・広州中医薬大学学術交流会レポート

■ビジュアル実技解説
「診察と治療の実際・基礎編」
杉山 勲

■北辰会 難病診療シリーズ
「進行膵癌の1症例」

■日常診療に役立つトリガーポイント講座 [最終回]
シメオン・ニール-アッシャー/伊藤和憲

■ドキュメンタリー
「近代鍼灸史」
油井富雄

■鍼灸学校訪問
「赤門鍼灸柔整専門学校」

■邦医学テキストシリーズ [最終回]
「愚解経脈論 ―十二経流注編(2)―」
木田一歩

■茶々丸のはりきゅう興味津々
福島哲也

■漢文つまみ食い
杉山 勲

■食養道心 [最終回]
小林重芳

■東洋医学者のための思考バイエル
堀内さいりゅう

■鍼灸師のための治療院マネージメント
豊島猛利

■治療芸術研究所
「リラク地帯を往く」
ハリー由規

■トークセッション 
「積聚会(2)」

■治療院訪問
(7)「樋口鍼灸院」

■あい先生のはりきゅう日記
天野聡子

■INFORMATION

■BOOKS

■中医学ウオッチャー
谷田伸治


このページのトップへ