養豚界臨時増刊号

正しく使う 家畜のくすり

監修・著者:平山紀夫
著者:小久江栄一/福山聡
A4判 164頁
定価:本体2,667円(税別)



内容

家畜疾病の予防と治療に役立つ動物用医薬品ガイド。
薬剤の正しい使い方、薬剤の効果を最大限に得るための情報を紹介するとともに、医薬品の用法用量リストを掲載した、生産者、獣医師必携の一冊!

目次

第1章 くすりの目的と使用ポイント
くすりの目的と適正使用の重要性
麻布大学客員教授/平山 紀夫

くすりの効果を最大限に得るには
東京農工大学名誉教授/小久江 栄一

薬剤の投与方法と注意点
フォーピッグ那須/福山 聡

第2章 動物用医薬品リスト
凡例
一般薬製剤(牛用)
Ⅰ 神経系用薬
Ⅱ 循環器官、呼吸器官および泌尿器官系用薬
Ⅲ 消化器官用薬
Ⅳ 繁殖用薬
Ⅴ 外用薬
Ⅵ 代謝性用薬
Ⅶ 病原微生物および内寄生虫薬
一般薬製剤(豚用)
Ⅰ 神経系用薬
Ⅱ 循環器官、呼吸器官および泌尿器官系用薬
Ⅲ 消化器官用薬
Ⅳ 繁殖用薬
Ⅴ 外用薬
Ⅵ 代謝性用薬
Ⅶ 病原微生物および内寄生虫薬
一般薬製剤(鶏用)
Ⅰ 神経系用薬
Ⅱ 消化器官用薬
Ⅲ 代謝性用薬
Ⅳ 病原微生物および内寄生虫薬
生物学的製剤
Ⅰ 牛用ワクチン
Ⅱ 豚用ワクチン
Ⅲ 鶏用ワクチン
Ⅳ 診断液
殺菌消毒剤
防虫剤、殺虫剤、殺鼠剤

索引
メーカー名一覧
著者略歴・編集後記

関連書籍

生産性向上のための種豚選びと育種改良

生産性向上のための種豚選びと育種改良

編集:『養豚界』 編集部
養豚において重要な要素であり、昨今その能力がますます注目されている種豚。しかし、種豚をどのようにして活用するか、育種をどう進めて...
詳細を見る
はじめようエコ養豚

はじめようエコ養豚

編集:『養豚界』 編集部
地球温暖化防止に向け、多くの産業で環境負荷を減らす取り組みが進んでいる。本書は、環境に優しい養豚のあり方と、養豚においてどうエコ...
詳細を見る
豚の生理と生産性

豚の生理と生産性

編集:『養豚界』 編集部
豚の生理を理解し、適切な管理を実践することで生産性をアップさせる! 生産性を向上させるうえで、豚の生理にあわせた適切な管理を実...
詳細を見る
実践! バイオセキュリティ

実践! バイオセキュリティ

編集:『養豚界』 編集部
防疫対策として注目されているバイオセキュリティの基本から実践方法まで、事例を交えながら詳細に解説した養豚関係者必携の一冊! 本...
詳細を見る
めざせ! 養豚場の星

めざせ! 養豚場の星

原案:池田慎市 マンガ:クシキノアイラ
『養豚界』の好評連載「目指せ! 管理のスペシャリスト」を単行本化。マンガだからわかりやすい!若手ストックマンにおすすめです!!養...
詳細を見る
養豚場AIマニュアル

養豚場AIマニュアル

著者:志田充芳
豚の人工授精(AI)に必要な最新の知識を網羅した唯一の教科書!AIを導入したいと考える農場や技術向上・成績アップを目指す農場まで...
詳細を見る
わかりやすい養豚場実用ハンドブック

わかりやすい養豚場実用ハンドブック

監修:伊東正吾
養豚の基礎知識から養豚場での具体的な仕事の流れとマネージメントをわかりやすく解説。生産現場における疑問に即応できるとともに知識を...
詳細を見る
養豚版 下痢攻略ハンドブック

養豚版 下痢攻略ハンドブック

編集:『養豚界』 編集部
呼吸器疾病と並び、養豚場で大きな問題となっている豚の消化器疾病。特に下痢は、若齢期の事故率、肥育期の増体量・FCR悪化などにつな...
詳細を見る
養豚家のための飼料入門

養豚家のための飼料入門

編集:『養豚界』 編集部
飼料費は、肥育豚生産費の半分以上を占めているため、経営に直結するといっても過言ではありません。本書では、飼料の無駄やコスト削減に...
詳細を見る
肉豚の肥育マニュアル

肉豚の肥育マニュアル

編集:『養豚界』 編集部
肥育期は商品仕上げの最終段階であると同時に、最も飼料消費量の多い時期のため、経営に大きく影響を及ぼします。本書は、そんな肥育期の...
詳細を見る

このページのトップへ