わかりやすい豚病衛生ハンドブック

編著:大角貴幸
B5判 120頁
ISBN978-4-89531-417-6
定価:本体3,800円(税別)



内容

養豚場での衛生対策と疾病対策がこの一冊に!
農場における衛生管理で重要なのは、未然に防げる疾病は防ぎ発症した場合は被害を最小限に食い止めること!

月刊『養豚界』の好評連載「今月の豚病注意報」に加筆修正し、単行本化。豚疾病の概要を紹介して注意喚起するとともに、現場で必要となる対策を取り上げる。さらに単行本化にあたり新たに加わった第1章では、養豚場における衛生管理のポイントを詳しく解説する。現場スタッフから経営者、獣医師、と畜場関係者、ディーラーやメーカーなど、農場の衛生・疾病管理に関わるすべての方が幅広く活用できる一冊。

目次

第1章 衛生管理の基本と技術
豚はなぜ感染症にかかるのか
疾病はどこから、どのように入ってくるのか
ピッグフローの重要性とプラン
洗浄・消毒と農場内バイオセキュリティ
候補豚導入の衛生管理
検査の種類と具体的な実施プラン
投薬の注意点
病原体の区分と現場で知っておきたい特徴

第2章 豚の疾病 呼吸器系
豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)
豚サーコウイルス関連疾病(PCVAD)
豚マイコプラズマ肺炎
豚胸膜肺炎

第3章 豚の疾病 消化器系
豚流行性下痢(PED)、豚伝染性胃腸炎(TGE)
ロタウイルス感染症
壊死性腸炎
大腸菌症(下痢)
大腸菌症(浮腫病)
サルモネラ病
豚増殖性腸炎(PPE)

第4章 豚の疾病 その他
レンサ球菌症
豚丹毒
レプトスピラ症
豚抗酸菌症


このページのトップへ