新刊
養豚界臨時増刊号

安全・安心に使う 養豚場のくすり

編集:『養豚界』 編集部
A4判 98頁
定価:本体2,800円(税別)



内容

養豚場で使う「くすり」は、正しく使用することで効果を発揮し、生産性の改善や利益向上につながります。さらに抗菌剤の適正な使用は薬剤耐性(AMR)対策となり、安全・安心な豚肉提供にも寄与します。本書では、養豚場で使用される薬剤の考え方や、各種薬剤の適切な取り扱い・管理方法を解説します。

目次

【Chapter 1 養豚場とくすり】

1.養豚場と薬(抗菌剤)の関係 ─薬剤耐性の現状と対策─
川西 路子(農水省)

2.世界各国のAMR 対策
杉浦 勝明(東京大学大学院)

3.養豚場の抗菌剤使用量評価システムPigINFO Bioの活用
山根 逸郎(農研機構 動物衛生研究部門)

4.知っていますか? 動物用医薬品の開発
中村 成幸((公社)日本動物用医薬品協会)


【Chapter2 豚に使うくすり】

1.養豚場で使用する動物用医薬品を知ろう
水上 佳大(㈲あかばね動物クリニック)

2.薬剤の効果を最大限に引き出すには
塚原 隆充(㈱栄養・病理学研究所)

3.豚への注射法 ─的確かつ安全に実施するために─
渡辺 一夫(㈱ピグレッツ)

4.経口投与(飼料添加、飲水投与)のポイント
田島 守(フロントサークル㈱)

5.豚肉に残留するくすりと休薬期間
江口 郁(農水省 動物医薬品検査所)


【Chapter3 農場に使うくすり】

1.洗浄・消毒の効果を高めるために
三宅 眞佐男(アニマル・バイオセキュリティ・コンサルティング㈱)

2.養豚場における殺虫剤・殺鼠剤の使い方
山本 喜康(エランコジャパン㈱)


【Chapter4 くすりを正しく使うために】

1.くすりの効果を発揮させる衛生プログラム
矢原 芳博(日清丸紅飼料㈱ 技術サポート部)

2.うまく使おう 農場HACCPとくすりの管理
高橋 佐和子(高橋とんとん診療所)


【付録】

1.動物用医薬品 添付文書の読み方

2.薬剤・治療・注射針管理表

関連書籍

世界の養豚 日本の養豚

世界の養豚 日本の養豚

編集:『養豚界』 編集部
養豚業は動物性タンパク質を供給するという目的のもと、世界中で営まれています。日本で養豚生産を続けるに当たり、養豚先進国といわれる...
詳細を見る
養豚家のための飼料入門

養豚家のための飼料入門

編集:『養豚界』 編集部
飼料費は、肥育豚生産費の半分以上を占めているため、経営に直結するといっても過言ではありません。本書では、飼料の無駄やコスト削減に...
詳細を見る
肉豚の肥育マニュアル

肉豚の肥育マニュアル

編集:『養豚界』 編集部
肥育期は商品仕上げの最終段階であると同時に、最も飼料消費量の多い時期のため、経営に大きく影響を及ぼします。本書は、そんな肥育期の...
詳細を見る
養豚版 バイオセキュリティ最前線

養豚版 バイオセキュリティ最前線

編集:『養豚界』 編集部
養豚場において、生産性向上とコスト削減のためには豚病対策は必須であり、今後その要となるのは、疾病と闘わないためのバイオセキュリテ...
詳細を見る
養豚場の呼吸器疾病対策

養豚場の呼吸器疾病対策

編集:『養豚界』 編集部
消化器疾病と並び、養豚場の二大疾病とされる呼吸器疾病。哺乳期から肥育期まで、さまざま病原体による疾病が養豚場の生産性に悪影響を及...
詳細を見る
養豚版 下痢攻略ハンドブック

養豚版 下痢攻略ハンドブック

編集:『養豚界』 編集部
呼吸器疾病と並び、養豚場で大きな問題となっている豚の消化器疾病。特に下痢は、若齢期の事故率、肥育期の増体量・FCR悪化などにつな...
詳細を見る
正しく使う 家畜のくすり

正しく使う 家畜のくすり

監修・著者:平山紀夫 著者:小久江栄一/福山聡
家畜疾病の予防と治療に役立つ動物用医薬品ガイド。薬剤の正しい使い方、薬剤の効果を最大限に得るための情報を紹介するとともに、医薬品...
詳細を見る
生産性向上のための種豚選びと育種改良

生産性向上のための種豚選びと育種改良

編集:『養豚界』 編集部
養豚において重要な要素であり、昨今その能力がますます注目されている種豚。しかし、種豚をどのようにして活用するか、育種をどう進めて...
詳細を見る

このページのトップへ