GAP手法でリスク回避!

安全安心のための養殖管理マニュアル

著者:舞田正志(東京海洋大学大学院)
A5判 160頁
ISBN978-4-89531-020-8
定価:本体2,800円(税別)



内容

GAP手法の導入から実践がこの1冊に!

「GAP手法による養殖管理」とは、作業工程ごとにどのようなリスクが発生し得るのかを整理し、その対応策を決めて実践する取り組みのこと。本書は、GAP手法による養殖管理について分かりやすく解説。養殖生産に関わる品質管理の基礎知識から、外国への輸出を考える場合のポイント、万が一食品事故が発生した場合の実践的な対処法まで網羅。巻末には、便利なGAP手法のチェックリストと用語解説集付き。生産者から生産指導者、流通関係者まで、幅広く活用できる一冊。

 

[本書の特徴]

●養殖準備から出荷管理まで分かりやすく解説
●養殖生産に関わる品質管理の基礎知識を網羅
●外国への輸出を考える場合のポイントがわかる
●GAP手法のチェックリストを完全収録
●索引付き用語解説も充実

目次

第1章 水産物をめぐる安全性の問題と品質管理についての考え方
第2章 さまざまな養殖管理手法
第3章 養殖生産物のリスクに関する基礎知識
第4章 養殖生産物のリスク分析
第5章 GAP 手法による養殖管理への具体的な取り組み
第6章 トレーサビリティシステム
第7章 外国の取り組み状況・対外輸出を考える場合のポイント
第8章 GAP 方式による養殖管理と認証制度
第9章 GAP 手法に基づく養殖魚の危機管理
資料1 GAP手法のチェックリスト(産地用と生産者用)
資料2 FAO 養殖認証に関する技術的ガイドラインの要求事項
資料3 用語解説

関連書籍

月刊「養殖ビジネス」

月刊「養殖ビジネス」

養殖ビジネス情報誌
詳細を見る

このページのトップへ