「養殖ビジネス」臨時増刊号

よくわかる! ジャパンサーモン養殖

編集:『養殖ビジネス』編集部
A4判 142頁
定価:本体4,095円(税別)



内容

種苗生産から海面養殖までの生産技術と最新研究
全国ブランドサーモンリスト収録

目次

国産養殖サーモン図鑑

第1章 日本のサーモン養殖のポテンシャル
新規参入が相次ぐ海面トラウトとご当地サーモン全国マップ
海面サーモン養殖の先駆け 宮城県のギンザケ養殖
内水面におけるスペシャルトラウト開発史と発展
サケ類アイテムの特徴とジャパンサーモンの市場戦略
マツコ・デラックスに届いたご当地サーモン インフルエンサーを活用せよ
FAO統計から見るサーモン供給と日本の輸入先国

第2章 種苗生産(内水面)の養殖技術と最新研究
国内の種苗生産規模と海面サーモン用種苗の供給課題
全国養鱒技術協議会によるサケ・マスの種卵供給動向調査
サケ科魚類の三倍体化処理 ~親魚の作出と品質管理~
三倍体等バイテク魚の特性評価 海面養殖用種苗としての利用の注意点
冷水病やIHNの垂直感染防除などを目的としたサケ・マス類の卵消毒
サケ科魚類で問題となるウイルス病・細菌病
伝染性造血器壊死症(IHN)の全国調査 病原体の進化と病原性の多様化
サケ・マス類養殖におけるビタミンCの活用
アスタキサンチンによる親魚養成の成績向上と沖出し種苗の活力維持
日本における育種研究 低魚粉でも育つニジマスの作出

第3章 馴致から出荷まで(海面)の養殖技術と最新研究
ギンザケにおけるストレスの小さい海水馴致方法の開発
国内海面サーモン産地の事例から見る海水馴致の手法と課題
短期間で高成長を実現する“海面トラウト養殖用飼料”の課題
電気刺激鎮静化システムを用いたサーモンの取り揚げと活〆作業の効率化

第4章 サーモン加工産業の実態
サケのフードシステムと水産加工業 ご当地サーモンに適した加工連携
先行事例に見る国産サーモンの加工 ~宮城県ギンザケ養殖を事例として~
サーモンの塩蔵・燻製マーケット 日本でのスモーク商材拡大の可能性

第5章 ベニザケ・サツキマス・陸上養殖
北海道根室地方におけるベニザケの海面養殖の試み
北海道の循環式陸上養殖 新素材を活用した生物ろ過技術の開発
ゼロエミッション型(廃水ゼロ)サツキマス養殖

第6章 養殖手法別(内水面・海面・かけ流し・循環) 日本全国ブランドサーモンリスト

関連書籍

よくわかる! 魚病対策と水産用医薬品

よくわかる! 魚病対策と水産用医薬品

編集:『養殖ビジネス』編集部
魚病の発生を未然に防ぐ方法や魚病発生時に重要な対応について、魚種別に整理。さらに、最新の研究事例や各メーカーの水産用医薬品を紹介。
詳細を見る
2017年版 世界の養殖業

2017年版 世界の養殖業

編集:『養殖ビジネス』編集部
近年、大きく変化した世界の養殖業を整理し、日本市場で競合する魚種、海外市場で競合する魚種、グローバルスタンダードになっている資材...
詳細を見る
よくわかる! 養魚飼料と低魚粉

よくわかる! 養魚飼料と低魚粉

編集:『養殖ビジネス』編集部
養魚飼料の基本とともに、魚粉の需給動向や魚種別の低魚粉飼料など最新の低魚粉飼料研究の知見を完全網羅。各飼料メーカーや栄養剤企業1...
詳細を見る
よくわかる! 日本の養殖業

よくわかる! 日本の養殖業

編集:『養殖ビジネス』編集部
増加する世界人口を養うための食料生産として存在感を増している養殖業。世界的には成長産業として認識されているものの、日本では国内人...
詳細を見る
よくわかる! 種苗生産と育種

よくわかる! 種苗生産と育種

編集:『養殖ビジネス』編集部
優秀な種苗をどのようにして開発するかはこれからの養殖産業にとって必要不可欠。マダイなどは育種によって成長が2倍になるなど家魚化が...
詳細を見る
よくわかる! 養殖魚の加工

よくわかる! 養殖魚の加工

編集:『養殖ビジネス』編集部
水産加工は長い歴史を持ち、漁獲量の多い漁港では水産加工業が古くから取り組まれています。そして現在、消費地ではより加工度を高めた食...
詳細を見る
ニッチな魚種の養殖技術

ニッチな魚種の養殖技術

編集:『養殖』編集部
養殖業において、主要魚種をたくさん生産すれば利益が得られるという時代は完全に過去のものとなった。主要魚種では売り方を工夫したさま...
詳細を見る
養殖資材ハンドブック 2011年版

養殖資材ハンドブック 2011年版

編集:『養殖』編集部
養殖関連資材全般を項目別に分類した関係者必携の資材ハンドブックの最新版。解説編では、9つの資材を徹底紹介。製品リストには、123...
詳細を見る
よくわかる! 世界の養殖業

よくわかる! 世界の養殖業

編集:『養殖』編集部
世界の養殖業の「今」がわかる、注目の29テーマを完全網羅!! [本書のポイント] ●日本と関係の深い主要な輸入水産物にスポッ...
詳細を見る

このページのトップへ