フィッシュマガジン2013年3月号


定価:本体838円(税別)

サンプルページを見る

内容

【 第1特集 】

アフリカの龍
ポリプテルス

小さな頃、図鑑を開いては、かつて地上を支配していた恐竜たちに想いを馳せていたアクアリストは多いのではないだろうか。また、「恐竜博」「恐竜展」などは長い行列ができるほど、とかく恐竜の人気は高い。そして、その恐竜を最も彷佛とさせる魚のひとつが、ポリプテルスである。ズラッと並んだ背ビレ、手足のような動きを見せる胸ビレや臀ビレ。硬い鱗で覆われた体に、眼だけが妖しい輝きを放つ。その風貌は、ほかの魚たちとは一線を画す。アフリカの恐竜魚・ポリプテルスの魅力をたっぷりと紹介しよう。


▽ポリプテルスの魅力 ○寺尾正志

▽人気種が勢揃い ポリプテルスカタログ

▽ホリプテルスの基本飼育 ○平井嘉一郎

▽ポリプに夢中なマニアたち

▽大迫力のポリプテルス水槽

▽夢は全種類を集める ○佐々木浩之


【 第2特集 】

アジア以外も粒揃い!
人気のアロワナ目の仲間

アロワナ目に分類される種は200以上存在し、その分布は南米、アフリカ、アジアと広範囲に広がっている。アロワナ目と聞くとアジアアロワナを筆頭としたアロワナ科を連想してしまうが、実は世界最大の淡水魚のひとつといわれるピラルク、ユニークな姿のナイフ・フィッシュの仲間、はたまたアフリカ大陸のモルミルスやギムナルクスなど、「この魚もアロワナ目!?」と思ってしまうような種も多いのである。アジアアロワナ以外にも魅力的な種が数多くいる、この「アロワナ目の仲間たち」を紹介しよう!


▽人気のアロワナ目の仲間

▽アロワナ目の魅力 ○赤井龍一

▽愛好家のお宅拝見!

▽極上の1尾を丁寧に飼い込む

▽2m水槽にシルバーアロワナが舞う ○佐々木浩之

 

目次

【 新連載 】 New!
溢れるアマゾンの魅力~熱帯魚採集逸話~ ○山本千尋


【 トピックス 】

■イベントレポート アクアリウムバス

■開発担当者に聞きました


【 For Fresh Water Fun 】

■出射隆成のフィールドに魅せられて 前編 ○アディサック・サマート

■渋魚、珍魚探訪!
温帯域の魚たち ○佐土哲也

■元祖・うおのぞ記 ○伊地知英信

■Shot 小さな魚の大きな魅力
「オデッサ・バルブ」 ○佐々木浩之

■再発見! 魅力の熱帯魚たち
「ニンボクロミス・ヴェヌスタス」 ○東隆司

■泰國魚漫遊
「チャンタブリに広まった現代のアロワナ伝説」 ○久保田勝馬

■日本水風景巡り 淡水魚を求めて
「群馬県前橋市広瀬川~桐生市渡良瀬川周辺を巡る」 ○渡辺昌和

■グッピーゼミナール ○武田美幸

■水草ステップアップノート ○高井誠

■今月の注目魚たち!

■イクチオテイラー ○伊地知英信

■水草面白談義 ○山崎美津夫


【 Reptikes & Amphibians 】

■日本産爬虫類・両生類魅力再考
「イへヤトカゲモドキ」 ○関慎太郎


【 etc 】

■注目のショップ紹介

■プレゼント.com

■読者投稿作品コンテスト

■アクアリストの質問箱 ○金子勉

■FM情報局

■魚病の原因と対策 ○山根淳一

■FMの浮き袋

■水辺の書架から ○伊地知英信


このページのトップへ