抗がん剤治療を受けるときに読む本

著者:加藤隆佑
四六判 248頁
ISBN978-4-89531-220-2
定価:本体1,500円(税別)


サンプルページを見る

内容

“第一線で働くがん専門医が患者さんと家族の方々に心から伝えたいこと”

忙しい病院において、主治医と上手にコミュニケーションをとることは難しいものです。
著者は第一線でがん治療を行う医師であり、カウンセリングのスキルも生かし、抗がん剤治療を受けるときのさまざまな疑問や不安についての対処法を、患者さんと家族の方々に丁寧にわかりやすくお話します。


こんなふうに考えてはいませんか?

●抗がん剤の副作用はつらくても我慢するしかない
●副作用で寿命が短くなる
●がんになったら自分の人生は終わりだ
●主治医との関係に悩んでいるがどうしようもない
●主治医のいう通りにしておけば大丈夫
●がんが完治しなければ幸せにはなれない

決してそんなことはありません。
あなたの悩みはちょっとしたことで解決できます。
がんと前向きに向きあい、がんを克服する方法を、わかりやすくお話しします。

目次

第1章 がんに関する事実を知り、がんを克服する
第2章 抗がん剤治療による副作用を乗り越える
第3章 抗がん剤治療を受ける意味を家族とともに考える
第4章 がん治療で直面するさまざまな問題を解決する
第5章 心を安定させることが治療を成功に導く
コラム


このページのトップへ