新刊

道具を使うカラスの物語

生物界随一の頭脳をもつ鳥 カレドニアガラス

著者:パメラ・S. ターナー
監訳:杉田昭栄
翻訳:須部宗生
A4判変型 上製 84頁 オールカラー
ISBN978-4-89531-324-7
定価:本体2,200円(税別)

サンプルページを見る

内容

南太平洋に浮かぶ美しい島・ニューカレドニアに住むカレドニアガラスは単に道具を使うのではなく、独自の道具を作り上げ、改良する知能をもっています。

小学校高学年から大人まで誰もが楽しめる平易な表現と美しい写真で、カレドニアガラスの驚くべき能力を科学の視点から楽しく迫る!

・どのようにして道具の使い方と作り方を学ぶのか?
・道具を取り扱う技術を進歩させ、未来の世代に伝えることができるのか?
・カラスたちは脳のどの部分を使っているのか?
・知能の進歩についていったい何がわかるのか?

目次

1.カラスは小学2年生より賢いのでしょうか?
2.小羽(こはね)ちゃん
3.職人ガラスの道具作り巡り
4.チョキン、ビリ、チョキン
5.メタ道具と心理操作
6.故郷に帰る
著者に聞く


このページのトップへ