カラス学のすすめ

著者:杉田昭栄
B6判 344頁
ISBN978-4-89531-332-2
定価:本体1,800円(税別)



内容

カラスに魅入られ20年! 日本屈指のカラス博士が徹底的に追及したカラス研究の集大成。

医学博士で農学博士、解剖学者である著者が、カラスをバラバラにしてからだの隅々を調べ、飼育し、賢さを評価する学習実験を実施。その成果を中心に、カラスの身体能力や知的能力の高さなど、その魅力を紹介。読めばきっとカラスが好きになる!


<本書のポイント>
●カラスに関する一般常識
日々の暮らしと年間スケジュール、食事、寿命など、カラスを語るうえで欠かせない基本的な情報を整理。

●カラスのからだ
からだの構造とすぐれた身体能力、鳴き声の意味や、カラス同士の鳴き声によるコミュニケーションについて解説。また、見る、聞く、味わう、嗅ぐ、感じるといった、カラスの鋭敏な五感についても言及。

●カラスの知的能力の凄さ
人間の顔を見分ける識別能力、一年は記憶を保つことができる記憶力など、カラスの驚くべき知的能力について紹介。

●カラスと人間のこれまで
世界各地の神話・伝承・物語などに出てくるカラスについて紹介。生物学的知見だけでなく、民族学的見地からもカラスを考察。

●カラスと人間の共生
実際にカラスが起こした事件などの実例をあげつつ、カラスとつきあっていくうえでの問題点とその改善方法について提案。

目次

第一章 カラスと人間のこれまで
第二章 カラスを語るための一般常識
第三章 カラスのからだ
第四章 カラスの知恵
第五章 カラスの五感
第六章 カラスの鳴き声
第七章 カラスの飛翔能力
第八章 カラスと人間のこれから

関連書籍

道具を使うカラスの物語

道具を使うカラスの物語

著者:パメラ・S. ターナー
南太平洋に浮かぶ美しい島・ニューカレドニアに住むカレドニアガラスは単に道具を使うのではなく、独自の道具を作り上げ、改良する知能を...
詳細を見る

このページのトップへ