私たちが食べる動物の命と心

著者:バーバラ・J・キング
翻訳:須部宗生
四六判 264頁
ISBN978-4-89531-418-3
定価:本体2,600円(税別)



内容

私たちは誰を食べているのか。
個性も心もあり、多様な体験をしている動物と私たちの関係をはっきりと確認してみよう。

「動物の心」の理解に対する科学的進歩は著しく、動物園や水族館に展示されている動物に対する配慮は大きく変わってきている。一方、動物と親密に関係する食卓においては、大きな変化は起きていない。食肉の消費量は増えつづけ、先進国の大半の人々にとって肉は食事の中心にある。自然人類学者である著者は、私たちの肉食について熟考し、それを減らすことができるのかどうかを考察している。決して食事のあり方を論争するのではなく、動物の個性、命と心について理解しようとしているのである。肉を食べるための適切かつ倫理的な姿勢とは何か? どのように食料を選択して、倫理的かつ生態学的に健全な生活を送るべきなのか? 私たちが食べる動物の世界に考えをめぐらし、これらの厄介な質問について考察していく。

目次

第1章 昆虫とクモ
私たちが食べる昆虫
世界の昆虫食
昆虫の知性
昆虫の個性
今後を考える

第2章 タコ
無脊椎動物の王者
用心深く主体的感覚性を持つもの
ホッケーのパック

第3章 魚
魚の感覚の世界
魚の学習
数千匹のうちの一匹であること
主体的感覚性に関して

第4章 ニワトリ
ニワトリの知恵
食卓上のニワトリたち
鶏肉消費の代償

第5章 ヤギ
ヤギの実際
フルーツボックスやその他の課題
ヤギの気分

第6章 ウシ
ウシへの執着
ウシとのつながり
ウシの精神と心

第7章 ブタ
ベーコンとバーベキュー
ウルスラを食べる

第8章 チンパンジー
文化を有するチンパンジー
共同体の喪失


このページのトップへ