獣医生化学実験 改訂第3版

編著:獣医生理学・生理化学教育懇談会
A4判 244頁
ISBN978-4-88500-662-3
定価:本体4,800円(税別)



内容

時代の変化に対応し項目を新たに追加した最新版!
基礎的な項目のみならず、さまざまな反応の原理や実際を理解することができる獣医生化学実習書の決定版!!

改訂にあたり、ビタミンの定量・マイクロアレイ・バイオインフォマティクス・タンパク質の構造解析・アポトーシス実験法の5項目を新たに追加。また行われなくなった実験法の内容を見直すとともに全体を再整理し、用語や記述様式を統一するなど全面的に修正しつつ、従来のすべての項目を掲載。獣医学実習のテキストとしてはもちろん、卒業論文等の実験や論文読解にも役立つ一冊。

目次

実習を始める前に
A.器具・機器の取扱い
B.試薬の保管と取扱い
C.秤量法
D.容量分析
E.緩衡液の調製と水素イオン濃度(pH)の測定
F.無機塩類とビタミンの定量
G.糖質の定性、定量
H.糖鎖実験法 
I.脂質の定性、定量
J.核酸実験法
K. バイオインフォマティクス
L.タンパク質の定性、定量
M.塩析と脱塩
N.酵素活性の測定法
O.電気泳動法とデンシトメトリー
P.タンパク質の構造解析
Q.カラムクロマトグラフィー 
R.薄層クロマトグラフィー
S.免疫化学実験法
T.血球および血球膜の分離
U.アポトーシス実験法
V.簡単なガラス細工

付録

 

関連書籍

獣医微生物学実験マニュアル

獣医微生物学実験マニュアル

監修:原澤 亮/本多英一
図解中心でわかりやすい! 動物感染症の病原体を取り扱うための基本27手技を収録!! 獣医学領域における国内初の微生物学実験解説...
詳細を見る

このページのトップへ