ビジュアルで学ぶ動物看護学

臨床につなげる基礎知識

編集:『CAP』編集部
A4判 216頁 オールカラー
ISBN978-4-88500-670-8
定価:本体4,800円(税別)

サンプルページを見る

内容

動物看護師として必ず知っておくべき基礎知識を豊富なビジュアルとともに体系的に学ぶことができるすべての動物看護師待望のテキスト!

動物看護師として必ず知っておくべき検査の基本や犬猫の代表的な約80の疾患など動物看護学の基礎知識を、豊富なビジュアルとともに体系的に学ぶことができる一冊。解剖生理学をはじめ、感染症、薬理学、栄養学、エキゾチックアニマルなど幅広い分野を収録。また、消毒剤の用途別希釈法や薬の投与量の計算方法など現場でいかせる実践的な情報や、フードや栄養学の知識など飼い主へのアドバイスに役立つ知識が満載。

 

[本書の内容]

●体のしくみと疾患
器官ごとの構造や働き、動物病院で行う主な検査、代表的な疾患について解説。

●感染症
消毒・滅菌のポイントなど日常業務までカバー。感染源や主な感染症検査、感染のメカニズム、ワクチンについて解説。また消毒・滅菌のポイント、消毒薬の取り扱い方や用途別の濃度など、現場で活用できる情報を紹介。

●ズーノーシス
飼い主からの相談時に役立つ人獣共通感染症の基礎知識を紹介。動物病院への相談が増加傾向にあるズーノーシスの定義および代表的な疾病を挙げ、それぞれの特徴や感染経路、予防法などを詳説。

●薬の基礎知識
動物看護師のための基礎的な薬理学を収録。薬の作用や投与法、器官・疾患別の薬の特徴を記述。さらに投与間隔・投与経路の略語の紹介や薬用量の計算方法についても掲載。

●栄養学
栄養学の基礎から食事管理まで解説。大栄養素やエネルギー要求量など基礎的な栄養学をはじめ、ライフステージ別・疾患別の食事、与えてはいけない食物などを紹介。

●行動管理・健康管理
しつけの基礎から健康管理のポイントまでを収録。子犬・子猫の週齢ごとの行動発達やコミュニケーションの手法、しつけやトレーニングの学習についてなど、行動管理の知識を紹介。さらに排泄物の確認や耳、眼など各部位のチェックポイントなどの健康管理についても解説。

●エキゾチックアニマル
診療機会の増加しているエキゾチックアニマルについて収録。ウサギを中心に、フェレット、モルモット、ハムスター、インコ、カメの生態や飼育法、食事などを解説。

目次

第1章 体のしくみと疾患

1節 運動器系
◆池田人司(オールハート動物病院)
2節 呼吸器系
◆藤田道郎(日本獣医生命科学大学獣医放射線学教室)/谷口明子(ヤマザキ動物看護短期大学)
3節 循環器系
◆岩永孝治(動物の循環器診断サービス)
4節-1 上部消化器系
◆網本昭輝(アミカペットクリニック)
4節-2 下部消化器系
◆太田亟慈(犬山動物病院)
5節 泌尿器系
◆大石明広(岩手大学獣医小動物外科学教室)
6節 内分泌系
◆西飯直仁(鳥取大学獣医薬物治療学分野)
7節 神経系
◆渡辺直之(渡辺動物病院)
8節 感覚器系
◆安部勝裕(安部動物病院)/小林義崇(安部動物病院)
9節 生殖器系
◆堀 達也(日本獣医生命科学大学獣医臨床繁殖学教室)
10節 外皮系
◆村井 妙(キンダーケア動物病院)

第2章 感染症
◆兼島 孝(みずほ台動物病院/琉球動物医療センター)

第3章 ズーノーシス
◆兼島 孝(みずほ台動物病院/琉球動物医療センター)

第4章 薬の基礎知識
◆尾崎 博(東京大学獣医薬理学教室)

第5章 栄養学
◆草野道夫(くさの動物病院)

第6章 行動管理・健康管理学
◆長谷川成志((株)アニマルライフ・ソリューションズ)

第7章 エキゾチックアニマル
◆小沼 守(おぬま動物病院)

付 録 血液検査項目
◆西飯直仁(鳥取大学獣医薬物治療学分野)

関連書籍

疾患別動物看護学ハンドブック

疾患別動物看護学ハンドブック

編著者:日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科 臨床部門
患者にあわせた適切な動物看護・ケアを行うために必要な「看護アセスメント」と「看護介入」のポイントを徹底解説!より質の高い動物看護...
詳細を見る

このページのトップへ