牛の跛行マニュアル

治療とコントロール

著者:Sarel R.van Amstel/J.K.Shearer
訳:田口 清
B5判 192頁
ISBN978-4-88500-426-1
定価:本体6,200円(税別)



内容

今、求められていることは牛群を健康に管理すること=牛群疾病を減少させることであり、牛を快適に生産し生産者も消費者もハッピーになることである。本書はコントロールという観点から現代の牛群の跛行問題における最新知識を整理し、牛蹄疾病の具体的な治療法・削蹄法を解説した、獣医師・削蹄師・酪農家など牛に関わるすべての人必携の一冊。

目次

第1章 牛の跛行序論
第2章 蹄の形成と成長
第3章 栄養と蹄の健康
第4章 荷重の生体力学と削蹄
第5章 蹄葉炎
第6章 疼痛管理
第7章 肢近位の跛行
第8章 感染性の蹄病
第9章 牛の行動、牛にやさしい施設、適切な取り扱い
第10章 蹄浴―趾の感染性皮膚疾患の管理法―

関連書籍

牛の外科マニュアル【第2版】

牛の外科マニュアル【第2版】

監訳・訳:田口 清
牛の外科手術と跛行に関する実践マニュアルの決定版! 牛の外科手技と跛行に関する最新の情報を追加した『 牛の外科マニュアル 』の第...
詳細を見る
牛のフットケアガイド

牛のフットケアガイド

監訳:幡谷正明
クオリティの高い写真やイラストとともに牛の種々の蹄病を網羅し、それらの診断、治療と予防の方策および削蹄法の基本をわかりやすく解説...
詳細を見る
牛のフットケアと削蹄

牛のフットケアと削蹄

監訳:幡谷正明
270点ものイラストで蹄病の発生機序、発病要因そして削蹄法についてわかりやすく解説。本書は臨床獣医学の専門家により初めて記された...
詳細を見る
月刊「臨床獣医」

月刊「臨床獣医」

日本で唯一の産業動物獣医師のための臨床総合誌 臨床獣医
詳細を見る

このページのトップへ