カラーアトラス動物発生学

ESSENTIALS OF DOMESTIC ANIMAL EMBRYOLOGY

監訳:山本雅子 谷口和美
B5判変型 506頁 オールカラー
ISBN978-4-89531-077-2
定価:本体9,500円(税別)



内容

貴重な写真や図版を約300点掲載し、
500頁を超えるボリュームで動物発生学の知識を
網羅した動物発生学書の決定版!


[本書のポイント]

1.さまざまな種類の貴重な写真を多数掲載。
光学顕微鏡や電子顕微鏡で何年にもわたって集められた数千枚の写真の中から厳選したものをデジタル化。受精の瞬間や胎盤の形成など、137点の貴重なカラー写真と150点のカラー図版を掲載し発生学を視覚的に理解できる。

2.動物の発生に関する知識を体系的に学ぶことができる。
国際的に認められた各分野の専門家が、配偶子の発生から出生前後の期間までの機能的な胚子構造の形成過程を時系列順にわかりやすく解説。動物発生学の知識を体系的に正確に身につけることができる。

3.哺乳類の発生に焦点を絞った内容構成。
動物の発生を学ぶ上で特に重要な牛・豚・馬・羊などの家畜動物を中心に掲載。使用している写真や図版は全頁を通して哺乳類のものであり、動物種ごとに発生過程をまとめた表や詳細なデータも掲載しているので発生の比較を容易に行うことができる。発生の過程で異常を引き起こした先天異常を扱った章もあり、正常発生と異常発生の違いを確認できる。

4.動物発生学分野における最先端技術や知識を紹介。
現在解明されている重要な発生過程を統括する細胞と分子レベルの調整メカニズムに関する考察、家禽とマウスの比較発生学や受精、家畜動物の生産性を高める広汎な生殖補助技術など今話題となっているテーマを解説。現代的な生物医学的研究の中心を担っている最新の知識を身につけることができる。

目次

第1章 発生学の歴史
第2章 胚子発生における細胞および分子機構
第3章 比較繁殖
第4章 生殖子発生
第5章 受精
第6章 卵割と胞胚形成
第7章 原腸胚形成、胚子の屈曲および体腔形成
第8章 神経胚形成
第9章 胎盤形成の比較
第10章 中枢神経系と末梢神経系の発生
第11章 眼と耳
第12章 血液細胞、心臓および脈管系の発生
第13章 免疫系の発生
第14章 消化器─呼吸器系の発生
第15章 尿生殖器系の発生
第16章 筋骨格系
第17章 外皮系
第18章 発生段階の比較表
第19章 先天異常学
第20章 発生学モデルとしてのニワトリとマウス
第21章 生殖補助技術
索引


このページのトップへ