犬と猫の救急医療プラクティス

疾患別 その日その場の対応法

監修:岡野昇三
A4判変型 320頁 オールカラー
ISBN978-4-89531-249-3
定価:本体12,000円(税別)



内容

国内の第一線で活躍するスペシャリストが、動物病院で遭遇する機会の多い代表的な救急疾患の手技や治療の流れを、写真を交えて丁寧に説明。国内の臨床現場に即した、全コンテンツ書き下ろしの救急医療マニュアルの決定版!


≪本書のポイント≫
●各疾患を余すところなく徹底解説
疾患の病態も丁寧に解説することで、それぞれの治療法を深く理解できる。

●疾患ごとに「診断から治療の流れ」のフローチャートつき
時間に追われながらのインフォームド・コンセントでの見落としを防ぐのに役立つ。そのときにやるべきことが分かりやすい。

●疾患ごとに「ポイントと注意点」がまとまっているから素早く確認できる。

●ひと目でわかる薬用量の一覧表を疾患ごとに掲載。投与量や投与経路の確認が簡潔で明瞭。

●手技や治療の流れを写真とイラストで詳細に解説

目次

Introduction
救急疾患の動物に対応するために

Chapter1 重要な病態
1-1 呼吸困難
1-2 ショック
1-3 アナフィラキシーショック
1-4 播種性血管内凝固(DIC)

Chapter2 救急疾患各論
2-1 循環器
2-2 消化器
2-3 代謝・内分泌
2-4 泌尿器
2-5 生殖器
2-6 神経
2-7 運動器
2-8 眼
2-9 皮膚
2-10 腫瘍
2-11 その他

Chapter3 必要な手技
3-1 気道確保
3-2 心肺蘇生法(CPR)
3-3 血管内留置
3-4 投薬方法
3-5 輸液療法
3-6 輸血療法

Appendices
Appendix-1 エマージェンシーボックス 
Appendix-2 救急医療で使用される主な薬剤
略語表
索引

関連書籍

伴侶動物のための救急医療 増補改訂版

伴侶動物のための救急医療 増補改訂版

監訳:川田 睦 翻訳:向野 麻紀子
緊急時に遭遇するあらゆる救急疾患を網羅した、伴侶動物救急医療ガイドの決定版。 わかりやすい構成、簡潔かつ実用的なアプローチ、各...
詳細を見る

このページのトップへ