動物福祉の科学

理念・評価・実践

編著:Michael C.Appleby,Joy A.Mench,I.Anna S.Olsson,Barry O.Hughes
監訳:佐藤衆介・加隈良枝
B5判 408頁
ISBN978-4-89531-292-9
定価:本体7,500円(税別)

サンプルページを見る

内容

旧版『動物への配慮の科学』を大幅に刷新した第2版が登場!
全世界で読まれている動物福祉解説書の世界的スタンダードの最新版!

世界中で関心が高まり、多くの専門家による研究が進展している動物福祉について、科学的な研究と評価から現実問題に対する解決方法の実践まで、広範な取り組みを体系的に整理。世界中の近年の研究成果をもとに動物福祉の現状を総括し、全体像を把握するのに役立つ一冊。

≪旧版『動物への配慮の科学』からの主な変更点≫

○動物福祉に関連する広範な専門領域をカバー
内容の大幅な改訂はもちろん、旧版では9カ国34名だった著者が13カ国46名に増え、本書で取り扱う範囲も拡大。専門領域を幅広くカバーした内容に。

○近年公表された論文を掲載し、動物福祉の現状を総括
引用している論文のうち、60%以上を原書『Animal Welfare』初版(1997年)発行以降に公表された論文に変更。近年の研究成果を反映し、旧版の歴史的考察を中心とした内容から、動物福祉の現状の総括へと重点を移行。

○旧版にはなかった新章を追加し、より充実した内容
新章として、第12章「動物福祉を評価(および改善)するための実践的戦略」、第19章「国際的な課題」の2章を追加。

目次

PARTⅠ 論点
第1章 動物倫理
第2章 動物福祉を理解する
PARTⅡ 問題点
第3章 環境からの刺激と動物の主体性
第4章 飢えと渇き
第5章 痛み
第6章 恐怖とそれ以外のネガティブな情動
第7章 行動制限
PARTⅢ 評価
第8章 健康と疾患
第9章 行動
第10章 生理指標
第11章 選好性と動機の調査
第12章  動物福祉を評価(および改善)するための実践的戦略
PARTⅣ 解決策
第13章 物理的環境
第14章 社会状態
第15章 ヒトの接触
第16章 遺伝的選抜
PARTⅤ 実行
第17章 経済
第18章 インセンティブと規則
第19章 国際的な課題
索引


このページのトップへ