どうぶつのおちんちん学

監修:浅利昌男
B6判 144頁
ISBN978-4-89531-337-7
定価:本体1,600円(税別)

サンプルページを見る

内容

おちんちんは進化の不思議の玉手箱!

身近などうぶつたちのおちんちんの奥深さに獣医解剖学・繁殖学の専門家がアカデミックかつ楽しく迫る!
動物によってその形を独特に変化させてきた「おちんちん」を切り口に、生物の進化の不思議に迫ります。

・どうぶつによってずいぶん違うおちんちんの形状と機能
・勃起・射精・交尾行動も千差万別
・馬はやっぱりかなり立派!
・地球上最大のおちんちんの持ち主はシロナガスクジラ?
・トカゲやヘビにはおちんちんが2本ある
・ワニは常に勃起状態
・おちんちんに骨がないのはむしろ少数派

目次

第1章 おちんちんの解剖学
1 オスの生殖器の全貌
2 おちんちんの構造
3 精巣とそれを包む陰嚢
4 精液の液体成分をつくる副生殖腺

第2章 おちんちんの生理学
1 精子の形成と精漿の役割
2 勃起と射精のメカニズム
3 交尾行動の繁殖生理学

第3章 おちんちんの雑学
1 どうして大きなおちんちんを馬並みと言うのか
2 かわいい動物たちの下半身事情
3 人にはなぜ陰茎骨がないのか
4 霊長類のおちんちんを比べてみる
5 射精時のオス・メスの生殖器
6 爬虫類のおちんちん
7 精子は必ずしもオタマジャクシ型ではない
8 動物によって異なる精巣の位置

関連書籍

性のトリセツ

性のトリセツ

著者:津曲茂久
人と動物の性の真実と不思議について獣医繁殖学者である著者が科学と想像力で読み解く 「オスとメスの違いとは?」「人や動物の性器の...
詳細を見る
人とどうぶつの血液型

人とどうぶつの血液型

編著:近江俊徳
血液型ってなんだろう?知っているようで知らない血液型について、科学的な説明から雑学までかわいいイラストとともに楽しく紹介! 「...
詳細を見る

このページのトップへ