新刊

乳牛の周産期管理

著者:Manuel Fernández Sánchez
Manuel Liz López、Matilde Hernández Solís
訳:及川 伸
B5判 152頁 オールカラー
ISBN978-4-89531-352-0
定価:本体7,800円(税別)

サンプルページを見る

内容

乳牛の管理で最も重要な時期である分娩前後の周産期において
発生しやすい様々な問題と解決策、疾病の事例を豊富に紹介!

【本書のポイント】
・フルカラーの図と写真で理解が深まる
・豊富なコンテンツと詳細な説明
・ケーススタディは実際の症例をもとに解説
・現場で活用しやすいコンパクトサイズ
・新人獣医師の入門書としてもベテラン獣医師の指南書としても活用できる一冊

目次

1 イントロダクション
周産期のステージ

2 乾乳
生理学
乾乳:なぜ?
乾乳:いつ?
乾乳:どのように?
乾乳牛の管理

3 妊娠後期と分娩
乾乳前の妊娠モニタリング
分娩
難産

4 栄養とボディコンディション
飼料管理
飼料の分配方法
飼料と生産
牛の糞便の評価

5 分娩後の疾病
子宮脱
低カルシウム血症
胎盤停滞
子宮炎
ケトーシス
第四胃左方変位
乳房炎

6 一般管理
集団管理
個体管理

7 ケーススタディ
ケース1 蹄壁の膿瘍
ケース2 乾乳牛の跛行:不適切な対応から生じる危険性
ケース3 術後の外科的な膿瘍によって状態が悪化した第四胃左方変位牛
ケース4 乾乳期における牛どうしの社会的な関係
ケース5 初産牛の会陰裂傷
ケース6 多因性の繁殖障害~アナプラズマ症による合併症を伴った症例~
ケース7 ある農場における急性乳房炎の発生


このページのトップへ