新刊

ここからはじめる犬と猫の臨床診断学

診断推論で日々の診療に自信をつける!

著者:石川勇一
監修:小林哲也
B5判変型 176頁
ISBN978-4-89531-395-7
定価:本体5,800円(税別)

【新刊発売キャンペーン】
定価:本体5,800円(税別)のところ
新刊特価:本体5,220円(税別) で販売します。
※『CAP』を年間購読されている方は、
CAP同封の専用注文書にてお申し込みください。

≪キャンペーン期間:2020年4月末日まで≫
※こちらのキャンペーンは緑書房もしくは
動薬ディーラーにご注文いただいた場合のみ適用されます。

サンプルページを見る

内容

動物医療に活かせる診断学が学べる入門書

診断学は、人医療では浸透しているが、動物医療においては現在でもマイナーな分野である。日々診断をつける臨床獣医師は、診断推論のプロセスを理解することで診療の基礎を身につけ、確かな治療へとつなげることができる。本書は、犬と猫の臨床における診断学について、概念図や表を多く用いて基礎から実践までわかりやすく解説。診断のプロセスを見直したい方や、診療現場に出始めてからまだ日が浅い獣医師におすすめの一冊。

「臨床診断学」を学ぶことで…
●診断の正しいステップが分かり、日々の診療が楽しくなる
●診断名がつかない状態でも症例の状態を把握できるようになる
●検査の使いどころや結果の解釈方法がつかめる
●診断エラーを減らすことができる

目次

Chapter1 正しい診断推論をつかむために
そもそも診断とは? 理論と実践を武器にする
2種類の思考をうまく使おう
診断推論に用いられる方法

Chapter2 診断推論の進め方
診断推論の流れと目標設定
問診と身体検査
問題点を整理する
診断仮説を立てる
診断仮説を検証する
検査を上手に使う
診断を深める

Chapter3 診断推論のレベルアップのために
診断エラーを克服する
診断が難しいとき
EBM~5ステップを意識して精度を高める~
診断推論の学習

Chapter4 診断推論の実践
一次診療で地域の患者を診る
二次診療で難しい診断に挑む
入院患者で今一度意識しておきたいこと
診断推論の実践例

関連書籍

小動物臨床における診断推論

小動物臨床における診断推論

監訳:馬場健司
誰も教えてくれなかった 症状からの診断アプローチ法 動物病院で日々遭遇する症例の大部分に適応できる診断の系統立てたアプローチ方...
詳細を見る

このページのトップへ