猫の整形外科

FELINE ORTHOPEDICS

監訳:泉澤康晴
著者:Harry W. Scott,Ronald McLaughlin
B5判 400頁 オールカラー
ISBN978-4-88500-678-4
定価:本体22,000円(税別)

【新刊関連書特価発売キャンペーン】
定価:本体22,000円(税別)のところ
特価:本体19,800円(税別) で販売します。
※『CAP』を年間購読されている方は、
CAP同封の専用注文書にてお申し込みください。

≪キャンペーン期間:2017年4月末日まで≫
※こちらのキャンペーンは緑書房もしくは動薬ディーラーに
 ご注文いただいた場合のみ適用されます。

 

サンプルページを見る

内容

猫に焦点を絞った初めての整形外科専門書。

猫の整形外科のすべてを網羅!
豊富なX線写真・カラーイラストを豊富に用い、
骨折治療を中心に猫の整形外科について体系的に解説!


獣医領域において「小動物」とひとくくりにされることが多い犬と猫。しかし「猫は小さな犬ではない」と言われるように、その形態や行動様式は大きく異なる。本書では、猫に焦点を絞り、骨折治療を中心に整形外科の全容を体系化。前半部では、猫の解剖学的な特徴から検査・診断法、包帯法や術前・周術期の管理法、治療器具やインプラントの種類とそれを用いた整復術のメソッドと手技、猫の関節疾患の概要など、整形外科治療を行うにあたり必要となる知識について整理。後半部では、前肢および後肢を中心に、一般的に遭遇するものから稀なものまで、主要な骨・関節に発生する骨折・関節疾患を幅広く掲載し、その対処法を詳しく解説。エキスパートを目指す方のための、猫の整形外科に関する専門的な知識を習得することができる一冊。


[本書のポイント]
1.猫の体の様々な部位で発生した骨折への対処法を幅広く掲載。
2.多岐にわたる骨折のパターンに応じた対処法を豊富なX線写真と明瞭なイラストとともに詳説。
3.爪切除(抜爪)術など、猫に特有・特徴的な術式について、理解を深めることができる。
4.脱臼や靱帯損傷、関節炎など骨折以外の関節疾患、神経筋疾患についても猫に即した対処法を提案。
5.犬との比較などを含めた猫の解剖学的な特徴について深い理解が得られる。
6.猫特有の各種包帯の装着法や器具の使用法などを写真や図表でわかりやすく紹介。

目次

第1章 猫の整形外科入門
第2章 検査と診断方法
第3章 整形外科疾患を伴う外傷患者に対する管理
第4章 骨折の分類と治療方針の決定および骨治癒
第5章 治療器具とインプラント
第6章 骨折の整復術:原則および手技
第7章 関節学
第8章 前肢の骨折と障害
第9章 後肢の骨折と障害
第10章 頭蓋骨と下顎骨の骨折と疾患
第11章 脊髄・脊椎の骨折と疾患
第12章 神経筋疾患
第13章 その他の整形外科疾患

関連書籍

月刊「CAP」

月刊「CAP」

小動物獣医師のための臨床総合誌 CAP
詳細を見る
犬の遺伝性 骨・関節疾患

犬の遺伝性 骨・関節疾患

監訳:陰山敏昭
画期的な名著として欧米で高く評価されている犬の遺伝性整形外科疾患のバイブル本書は、大型犬種の成長期に多発する骨格系疾患について、...
詳細を見る

このページのトップへ