獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠

魚病学

監修:児玉 洋
編集委員:川本恵子/森友忠昭/和田新平
B5判 168頁 オールカラー
ISBN978-4-89531-026-0
定価:本体3,800円(税別)

サンプルページを見る

内容

獣医師に必要な魚病学のエッセンスをコンパクトに集約!

獣医大学の学生が卒業時までに身に付けるべき「魚病学」の知識を解説した教育テキスト。水生動物約80種の疾病を取り上げ、病態ならびに疫学、それらの診断、予防、治療のための基礎知識を貴重な写真とともに解説。また、水生動物の解剖学的・生理学的特性についても学習できる。獣医学生はもちろん、教育・研究機関や臨床現場で活躍する獣医師の参考書として最適な一冊。

目次

【 水産学概説 】

第1章 水産学概説
1-1 獣医学と魚病学(水生動物医学,水生動物疾病学)とのかかわり
1-2 魚病学の教育目標
1-3 魚病学の対象となる動物
1-4 人工種苗,天然種苗
1-5 魚介類の飼育,養殖方法
1-6 水生環境と水質
1-7 飼料と栄養
■演習問題

【 魚病学の基礎 】

第2章 魚類の解剖・生理学
2-1 魚類の外部形態
2-2 魚類の解剖・組織

第3章 その他の水生動物の解剖・生理学
3-1 水生無脊椎動物
3-2 節足動物
3-3 軟体動物

第4章 水生動物の免疫学
4-1 造血・リンパ器官
4-2 自然免疫と獲得免疫

第5章 魚類疾病の診断・予防・治療
5-1 魚類飼育上の衛生管理
5-2 感染症の症候
5-3 魚類の鎮静・麻酔法
5-4 魚類の一般検査法
5-5 外科的処置
5-6 水産関連法規
5-7 水産用医薬品
5-8 水産用ワクチンの種類と投与法

第6章 魚介類毒素
6-1 魚介類毒素

■演習問題

【 疾病学各論 】

第7章 ウイルス性疾病

第8章 細菌性疾病

第9章 真菌性疾病

第10章 原生動物性疾病

第11章 粘液胞子虫性疾病

第12章 寄生虫病

第13章 その他の疾病

■演習問題

関連書籍

馬臨床学

馬臨床学

監修:樋口 徹
動物としての馬の特徴から、馬特有の疾患の病態、原因症状、診断法、治療法、予後に関する知識まで、豊富な写真とイラストを用いてわかり...
詳細を見る
寄生虫病学 改訂版

寄生虫病学 改訂版

監修:日本獣医寄生虫学会
新情報を追加するとともに、よりわかりやすくなった最新版! 寄生虫学・寄生虫病学の概要や診断のための検査法に加え、原虫・吸虫・条...
詳細を見る
獣医免疫学

獣医免疫学

監修:池田 輝雄・小川 健司・松本 安喜
基礎獣医学を習得するために必要不可欠な免疫学の基礎知識を、最新の知見を含めわかりやすく解説! 獣医免疫学の全体像を理解するうえ...
詳細を見る

このページのトップへ