新刊

牛の乳房炎Q&A

基礎と臨床の視点から一問二答方式で解説

編:日本乳房炎研究会
監修:河合一洋/林 智人
B5判 184頁
ISBN978-4-89531-354-4
定価:本体6,800円(税別)



内容

月刊『臨床獣医』の人気連載「基礎と臨床で深めよう! 乳房炎Q and A」に、新規項目を大幅に追加し単行本化!

乳房炎に対するさまざまな疑問に対し、基礎系研究者と臨床系研究者がそれぞれの視点から解説(一問二答)する斬新な形式のQ&A集。乳房炎対策に悩む生産者の疑問に答え、指導側の獣医師にも役立つ内容。獣医師、基礎系研究者、指導・普及関係者、酪農家など幅広い層に有益な情報を掲載。

目次

第1章 乳房炎の治療と予防
Q1 酵母様真菌を原因とした乳房炎の発生状況とその対応
Q2 マイコプラズマの微生物学的特徴と臨床的な注意点
Q3 プロトセカ乳房炎の特徴と発生要因と効果的な対処法
Q4 乾乳期のSA 乳房炎の発生要因と治療
Q5 泌乳期のSA 乳房炎の発生要因と治療
Q6 大腸菌群による甚急性乳房炎の病態と治療
Q7 大腸菌とクレブシエラの病原性の違いと鑑別法
Q8 下痢症予防ワクチンを用いた乳房炎予防
Q9 グリチルリチンの乳房炎治療効果
Q10 Trueperella pyogenes乳房炎

第2章 環境・栄養と乳房炎
Q11 カビの生えた飼料と臨床型乳房炎の関係
Q12 乳房炎と牛床の衛生度合いの関係
Q13 暑熱ストレスと乳房炎の関係
Q14 乳頭清拭法とタオルの洗濯・消毒
Q15 飼料添加剤で乳房炎を予防できるか
Q16 バルクタンク乳検査を利用した乳房炎対策
Q17 搾乳ロボット牛舎における乳房炎対策
Q18 牛舎消毒の必要性とポイント
Q19 生菌剤による乳房炎対策
Q20 前搾りによる衛生的な効果

第3章 もっと知りたい乳房炎
Q21 乳汁中の感染菌量と乳房炎発症の関係
Q22 未経産牛乳房炎の発生要因とその対策
Q23 乳房炎と繁殖機能の関係
Q24 乳房炎ワクチンの今後
Q25 乳房に感染した菌はどこに宿っているのか
Q26 菌がつくるバイオフィルムとは
Q27 HACCPと乳房炎対策
Q28 乳中の体細胞数と乳房炎の関係
Q29 乳汁中抗菌タンパクと乳房炎
Q30 今後の研究について

関連書籍

牛の乳房炎治療ガイドライン

牛の乳房炎治療ガイドライン

動物用抗菌剤研究会 編
日本独自の牛の飼養管理に基づいた初の専門的治療ガイドライン! 牛の乳房炎は、産業動物獣医師が現場で最も頭を悩ませる疾患の一つ。...
詳細を見る
牛の乳房炎コントロール 増補改訂版

牛の乳房炎コントロール 増補改訂版

監訳:浜名克己
産業動物獣医師、酪農家など、畜産関係者必携!乳牛の永遠のテーマである乳房炎について包括的に解説した類書のない一冊。最新の研究成果...
詳細を見る

このページのトップへ