犬猫のX線診断学【第2版】

著者:J.K.Kealy 監訳:菅沼常徳
B5判 550頁
ISBN4-88500-612-0
定価:本体21,400円(税別)



内容

正常なX線解剖像をベースとした全身の各臓器ごとの異常・正常の基本に沿った見分け方、読影をすすめるためのポイントをわかりやすく解説している。これからX線診断学を学ぶ方、また臨床上X線診断学を行っている方にとって広く活用できる一冊。

目次

1.X線写真
2.腹部
3.胸部
4.骨と関節
5.頭骨と脊柱
6.その他

関連書籍

セオリーで読む小動物の実践的画像診断術

セオリーで読む小動物の実践的画像診断術

著者:前田貞俊
豊富なX線・超音波画像を掲載した、実際的かつ論理的な画像診断解説書! 本書の特徴は、パターンの暗記ではなく理論に基づいて画像を...
詳細を見る
重症外傷例《犬・猫》のX線診断学

重症外傷例《犬・猫》のX線診断学

監訳:菅沼常徳
本書は、外傷を負った動物のX線診断を円滑に行うための技術的なヒントを多く含み、X線を評価する上での特徴を適切にアドバイス。胸部外...
詳細を見る
犬のX線撮影手技

犬のX線撮影手技

監訳:菅沼常徳
犬の体部を25の部位にわけ、そのポジショニングを図解しているため、適切なX線撮影の助けになる。またX線画像がシェーマで表されてい...
詳細を見る
小動物臨床ピクチャーテスト(画像診断編)

小動物臨床ピクチャーテスト(画像診断編)

監訳:菅沼常徳
SAPTシリーズ第3弾。本書は、X線検査を行う獣医師が実際に経験する画像診断上の問題とQ&A方式で掲載。解決方法を示すよ...
詳細を見る

このページのトップへ