ペットのイベント情報 獣医学会セミナー情報東洋医学(漢方・鍼灸)セミナー情報
 

獣医学会セミナー情報


第39回動物臨床医学会産業動物医学フォーラム
■第39回動物臨床医学会産業動物医学フォーラム
日程: 11月17日(土),18日(日)
場所: 大阪国際会議場(大阪市北区中之島5-3-51)
内容: ・テーマ「20年目の高張食塩液」

11月17日(土)
教育講演1「高張食塩液の温故知新」
(1)「高張食塩液の誕生秘話から学ぶ適応症」味戸忠春(日本全薬工業梶j
(2)「高張食塩液の臨床応用から学ぶ適応症」西川晃豊(北海道ひがし農業共済組合)
(3)「高張食塩液の最新研究から学ぶ適応症」鈴木一由(酪農学園大学)
ランチョンセミナー「海外での高張食塩液の適応法」協賛:日本全薬工業

教育講演2
「高張食塩液の温故知新」
(1)「子牛下痢症における高張食塩液」中川巳津英(長野県農業共済組合)
(2)「熱射病における高張食塩液」髭白侑香(兵庫県農業共済組合連合会)
(3)「第四胃変位における高張食塩液」近藤直(北海道ひがし農業共済組合)
(4)「甚急性乳房炎における高張食塩液」杉山美恵子(愛媛県農業共済組合)

一般講演(15演題)
11 月18 日(日)
獣医輸液研究会「往診での輸液療法の考え方」
(1)「輸液剤の機能的分類と適応例」山田裕(岡山理科大学)
(2)「大学病院診療から学ぶ輸液メニュー」鈴木一由(酪農学園大学)
(3)「現場で栄養輸液を行うべきか?」塚野健志(みなみ北海道農業共済組合)
(4)総合討論
ランチョンセミナー「演題未定」協賛:日本全薬工業

分科会セミナー「画像診断のABC」
(1)「子牛の腹底部の基本所見〜健康な子牛の腹底部はこうやって見る!」水谷尚(日本獣医生命科学大学)
(2)「臍疾患への画像診断的アプローチ」笹倉春美(兵庫県農業共済組合連合会)

分科会定例セッション
(1)「WBC 2018 Sapporo Congress 報告」磯日出夫(磯動物病院)
(2)「畜ガールズ講演 活動報告2018」林亜樹(豊田市動物愛護センター)
(3)HACCP 講演「J-GAP審査から見るこれからの畜産」小島智子(家畜改良センター 熊本牧場)

症例報告および一般演題の募集;
一般講演および症例報告の演題を広く募集。優秀な発表に対してアワードの授与も予定。応募時期および方法については動物臨床医学会ホームページまたは動物臨床医学会開催パンフレット参照
お申込方法: 産業動物医学フォーラムへの参加には動物臨床医学会への参加登録が必要(詳細については動物臨床医学会ホームページまたは動物臨床医学会開催パンフレット参照)
ランチョンセミナーは産業動物フォーラム参加者の場合,事前予約なしで参加可
問い合わせ先: 動物臨床医学会産業動物医学フォーラム企画実行委員会事務局
(日本獣医生命科学大学産業動物臨床学研究室 水谷尚)

TEL:0422-31-4151
e-mail:hisashi-m@nvlu.ac.jp
ホームページ:http://www.dourinken.com/index.html
▲ページ先頭  戻る→