バックナンバーを見る

月刊「CAP」 ~小動物獣医師のための臨床総合誌~


サンプルページを見る

CAP 2018年5月号 5/1発売

定価:本体2,600円(税別)



CAP 年間購読 1年(12冊)

年間購読料29,000円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

Feature Article!
実症例をもとに考える犬のてんかんのコントロール

犬はてんかんの罹患率が高い動物ですが、その発作には様々なパターンが存在するため、てんかんによる発作か判断しにくいケースがあります。また抗てんかん薬を導入した際に、単剤でコントロール可能なものから多剤による投薬でもコントロールができないものまで様々なケースがみられます。本特集では、てんかんの鑑別診断ならびに各抗てんかん薬の特徴や使用法といった基本をおさえた上で、実際のコントロールについて様々な症例をもとにご解説いただきました。

▽犬の特発性てんかんの鑑別診断 ~本当に特発性てんかんですか?~
松木直章

▽てんかんのコントロールに用いる薬剤
長谷川大輔

▽コントロールの実際① コントロールに苦慮した症例
田村慎司

▽コントロールの実際② 併発疾患があった症例と重積の治療
宇津木真一

▽コントロールの実際③ 行動異常が関連していた症例
荒田明香

連載

■ジェネラリストのための目で見て覚える腹部X線・超音波の異常像
第2回 「肝胆道系(後編)」
茅沼秀樹

■ロジックで学ぶ犬と猫の臨床テクニック
第7回 「腟垢検査」
小林正典

■犬と猫の腎臓病 正しい知識と治療法
第10回 「慢性腎臓病の診断・評価」
原田佳代子、監修:上地正実

■僧帽弁閉鎖不全症 ~ACVIM Guidelineから日本人獣医師のあるべき診療を考える~
竹村直行

■リセットセミナー! TBAの数値の解釈
大野耕一

■おしえて! 犬と猫の行動学Q&A
第15回 「高齢猫の夜鳴き」
藤井仁美

■こんな症例に出会ったら? とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法
第17回 「うちの猫、元気だけど体重が減ってきて…」
横山 望

■実践! 疾患別に学ぶ麻酔・疼痛管理テクニック
第21回 「口腔顔面外科」
長濱正太郎、鈴木さやか

■ホームドクターが知っておくべき 放射線治療のつかいどころ
第8回 「Case 10&11:犬の脳腫瘍」
後藤 匠、監修:森 崇

■犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護
第4回 「緩和的化学療法」
村上麻美、木本三恵、小笠原真希、齋藤めぐみ、監修:丸尾幸嗣、森 崇、川部美史

■ホームドクターの悩みを解決! コンサルテーションという選択肢
第2回 「症例紹介 ②唾液腺癌の症例、③慢性下痢の症例」
大北真嗣、監修:湯木正史、小島健太郎

■アゾディル(Azodyl TM)の給与を行った慢性腎臓病と慢性心臓弁膜症を合併した犬の1例
杉本佳介

■皮膚・消化器系 食事療法食クリニカルケースコレクション2017
「ベストオブベストケース&インタビュー Vol.2 フジタどうぶつ病院(大阪府)」

このページのトップへ