バックナンバーを見る

月刊「CAP」 ~小動物獣医師のための臨床総合誌~


サンプルページを見る

CAP 2018年6月号 6/1発売

定価:本体2,600円(税別)



CAP 年間購読 1年(12冊)

年間購読料29,000円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

Feature Article!
再確認! 消化管造影X線検査

超音波検査や内視鏡診断技術の導入・向上などに伴い、消化管造影X線検査を行う頻度は低くなっているものの、適切な方法で実施することにより、施設や手技によらず一定の画像を得ることができることから、非常に有用な検査であることに変わりはありません。本特集では、その特徴や適応、撮影および評価法などについて、実際の症例を交えつつ詳細にご解説いただきました。

▽消化管造影X線検査の特徴と手技
福井大祐

▽X線検査による消化管の評価
堀 あい

連載

■ジェネラリストのための目で見て覚える腹部X線・超音波の異常像
第3回 「肝臓(前編)」
小野 晋

■消化管内視鏡の適応を知る! 消化器疾患症例集
第8回 「内視鏡生検サンプル病理組織標本の質に影響する要因についての検索」
伊藤まなみ、中島 亘

■実践! 疾患別に学ぶ麻酔・疼痛管理テクニック
第22回(最終回) 「新生子・幼若および高齢動物の麻酔」
佐野忠士

■学会レポート 第3回 動物循環器病学会学術会議
「ACVIM Consensus statementの要点」
水野 祐、監修:上地正実

■ロジックで学ぶ犬と猫の臨床テクニック
第8回 「胃造瘻チューブ設置」
中川貴之

■こんな症例に出会ったら? とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法
第18回 「眼が白くなってきました」
福島 潮、深川 碧

■ホームドクターが知っておくべき 放射線治療のつかいどころ
第9回 「Case 12:猫の口腔内扁平上皮癌」
村上麻美、監修:森 崇

■腫瘍へのもう1つの選択肢“動注リザーバー療法”って?
第8回 「症例紹介③ 肝臓腫瘍 前編(基礎・理論)」
川村悠太

■ホームドクターの悩みを解決! コンサルテーションという選択肢
第3回(最終回) 「症例紹介 ④画像診断を併用した症例,⑤問題解決が困難であった症例」
大北真嗣、監修:湯木正史、小島健太郎

■皮膚・消化器系 食事療法食クリニカルケースコレクション2017
「ベストオブベストケース&インタビュー Vol.3 もみじ動物病院(広島県)」

このページのトップへ