バックナンバーを見る

月刊「CAP」 ~小動物獣医師のための臨床総合誌~


サンプルページを見る

CAP 2020年1月号 1/1発売

定価:本体2,600円(税別)



CAP 年間購読 1年(12冊)

年間購読料29,000円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

Feature Article!
One Healthの観点から見直す 犬・猫の歯周病 前編

犬や猫の歯周病罹患率はきわめて高く、その予防・治療は重要です。また犬の歯周病原性細菌は人からも検出されているため、身近な人と動物の共通感染症ともいえます。そこで本特集ではOne Healthの観点に立ち、人での知見を提供するとともに、歯周病に対する各分野の取り組みを紹介します。

▽なぜいま歯周病に着目するのか ~歯だけでなく全身疾患そして家族の健康のために~
安田英巳

▽人と動物の歯周病原性細菌 ~類似点と病原性~
野村良太、仲野和彦

▽歯周病の問題点と分野別の取り組み
1.僧帽弁閉鎖不全症と歯周病
上地正実
2.がん治療と歯周病
吉川竜太郎、岩﨑遼太
3.整形外科手術と歯周病
越智広樹、原 康
4.免疫疾患・免疫不全症と歯周病
福山朋季
5.皮膚疾患と歯周病
百田 豊、蒔田成美
6.犬の永久歯数と歯周病
白畑 壮

連載

■子犬と子猫の診療入門 New!
第1回 「子犬の身体検査と診断の評価」
松波登記臣

■私の心に残るあの症例 New!
第1回 「ポリニューロパチーに伴う先天性喉頭麻痺の犬に対して片側披裂軟骨側方化術を実施した犬の1例」
平尾大樹、末松正弘

■X線読影 プロフェッショナルの思考回路
第2回 「腹部X線読影の基本」
坂大智洋、監修:中山智宏

■基礎からおさえる 呼吸器診療の最前線
第19回 「肺挫傷」
塗木貴臣、監修:藤田道郎

■犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護
第22回 「安楽死」
川部美史、木本三恵、小笠原真希、監修:丸尾幸嗣、森 崇

■消化管内視鏡の適応を知る! 消化器疾患症例集
第14回 「胃幽門部の高分化型胃腺癌に対して内視鏡下ポリペクトミーを行った犬の1例」
中島 亘

■こんな症例に出会ったら? とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法
第38回 「アレルギーといわれましたが,痒み止めが効きません」
森 啓太

■ビジュアルで理解するフェレットの外科 New!
第1回 「臨床手技の基礎Part1:保定,各種検査方法(前編)」
戸﨑和成

■Vet’s VOICE
第17回 「仕事も家庭も大切にする働き方を楽しむ!」
高柳信子

■Close Up!
「猫伝染性腹膜炎(FIP)に対するイトラコナゾールの使用
―初期治療薬・予防的治療薬としての可能性―」
高野友美、土岐朋義

■症例報告
「抗ジンジパイン製剤により抜歯後に治療効果がみられた歯肉口内炎の猫の2症例」
小竹正純

■Topic!
「犬アトピー性皮膚炎の治療のこれから ~サイトポイントRの台頭とアニマルヘルス市場の拡大~」

このページのトップへ