バックナンバーを見る

月刊「CAP」 ~小動物獣医師のための臨床総合誌~


サンプルページを見る

CAP 2020年2月号 2/1発売

定価:本体2,600円(税別)



CAP 年間購読 1年(12冊)

年間購読料29,000円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

Feature Article!
神経学的検査の有効な活用 ~脊髄疾患編~

神経学的検査は高価な道具を必要とせず、慣れれば5~10分で行える簡便な検査であり、神経疾患の診断には必要不可欠です。そこで今回は2号にわたり、神経疾患に対するアプローチ法のポイントを取り上げました。本号では脊髄疾患を疑う症例に対して実施すべき神経学的検査や診断アプローチ法についての解説を踏まえ、実際の症例について、病変はどこにあるのか、どのような鑑別診断リストを作成すればよいのか、どんな検査をすればよいのかをQ&A形式で紹介します。

▽脊髄疾患の神経学的検査の解釈
伊藤大介

▽脊髄疾患の症例Q&A
関口尚希、伊藤大介

連載

■基礎からおさえる 呼吸器診療の最前線
第20回 「非心原性肺水腫」
塗木貴臣、監修:藤田道郎

■子犬と子猫の診療入門
第2回 「子猫の身体検査と診断の評価」
桑原 岳

■犬と猫のがん緩和・支持療法とがん看護
第23回(最終回) 「座談会 動物がん医療における緩和ケアの充実と動物看護師の積極的参加をめざして」
丸尾幸嗣、伊藤哲郎、川部美史、小笠原真希、木本三恵、齋藤めぐみ

■チンチラの医学
第5回 「呼吸器・循環器疾患」
霍野晋吉

■ハムスター臨床 ステップアップ講座
第2回 「麻酔前の評価と準備」
小沼 守

■小特集
「One Healthの観点から見直す犬・猫の歯周病 後編」
藤田桂一、柳澤志穂、松本光弘、岩西佐織利、山本幸成、西山 昇、
石川和男、五反田 亨、西野正一、川緑圭吾、辻 陽平、佐藤善生

■Seminar Report
「犬と猫の炎症マーカー活用法 ―特徴を理解し使いこなせるようになろう―」
玉本隆司

■Close Up!
「猫の慢性腎臓病に併発する貧血の診断および治療
~その治療法あってますか? 鉄配合サプリメントの活用法~」
山﨑 淳、湯木正史

■Close Up!
「高IgE犬におけるビデンスピローサ含有サプリメントの検討」
齋藤祐介、前田幸宏、阿部仁美、小沼 守

このページのトップへ