一般的な検査から高度医療まで幅の広がる小動物獣医療の現状を見据え、現代の小動物獣医師に必要な、さまざまな臨床技術・知識を集約した臨床総合誌。〈毎月初旬発売/定価2,250円(税込)〉

最新号の特集内容  2020年2月号 (2月1日発売)

[特集] Feature Article!

神経学的検査の有効な活用 ~脊髄疾患編~

神経学的検査は高価な道具を必要とせず、慣れれば5~10分で行える簡便な検査であり、神経疾患の診断には必要不可欠です。そこで今回は2号にわたり、神経疾患に対するアプローチ法のポイントを取り上げました。本号では脊髄疾患を疑う症例に対して実施すべき神経学的検査や診断アプローチ法についての解説を踏まえ、実際の症例について、病変はどこにあるのか、どのような鑑別診断リストを作成すればよいのか、どんな検査をすればよいのかをQ&A形式で紹介します。

▽脊髄疾患の神経学的検査の解釈
伊藤大介

▽脊髄疾患の症例Q&A
関口尚希、伊藤大介

 


 

次号の特集予定 2020年3月号(3月初旬発売)

[特集] Feature Article!

神経学的検査の有効な活用 ~脳疾患編~
伊藤大介、小野かおり、大島綾華