バックナンバーを見る

月刊「臨床獣医」 ~産業動物獣医師のための臨床総合誌~



臨床獣医 2015年12月号 12/1発売

定価:本体2,100円(税別)

品切


臨床獣医 年間購読 1年(13冊)

年間購読料36,600円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

IARS異常症
~研究と臨床の現場からみる遺伝性疾患~

▽IARS異常症の発見と今後
平野 貴

▽IARS異常症の臨床症状・血液性状の特徴
渡辺大作

▽IARS異常症の発生状況とNOSAIの取り組み
菊地 薫


【 海外レポート 】

■AOVET Course-Principles in Equine Fracture Management に参加して
国井博和ほか

連載

■獣医師が覚えておきたい豚の病理検査活用のポイント(4)
「解剖の進め方」
川嶌健司

■ステージでみる牛の管理学(23)
「衛生管理編⑥ 乳牛の牛床管理」
高橋圭二

■乳房炎モニタリング実践ガイド(6)
「ケーススタディ1 黄色ブドウ球菌検出農場のケース」
三好志朗

■これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学入門 成牛編(7)
「牛群の健康度とベンチマーク」
及川 伸

■症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方(6)
「重症肺炎を発症した黒毛子牛」
帆保誠二ほか

■呼吸の病態生理学(41)
「呼吸器疾患の画像診断4:胸部レントゲンを撮る(後編)」
鈴木一由ほか

■乳牛の栄養生理:タンパク質を中心に(4)
「肝臓の代謝とタンパク質」
三浦 道三郎

■薬理学トピックス(212)
小久江 栄一

■Clinic & Pathology(268)
「ニホンカモシカの大腸菌による肺胞壁毛細血管の硝子血栓形成、
肺虫がみられた化膿性組織球性気管支肺炎」
大泉卓也


【 海外テクニカルニュース 】  
  
■血清の代わりに唾液を用いた牛のシュマレンベルクウイルス特異的抗体の検出方法
伊東 登

■高泌乳牛における排卵卵胞の大きさと受胎率に影響を与える要因
北原 豪

■中国の養豚事情(2013~2015年前半について)
石関 紗代子

■フモニシンはブロイラーの腸微生物叢の恒常性に影響を及ぼし、壊死性腸炎の発症素因となる
岡村雅史

■欧州馬内科学会の合意声明(前編)-成馬の馬胃潰瘍症候群
徳力幹彦

■FVE NEWS 欧州獣医師連合の2015年ニューズからの抜粋
徳力幹彦

このページのトップへ