バックナンバーを見る

月刊「臨床獣医」 ~産業動物獣医師のための臨床総合誌~



臨床獣医 2016年1月号 1/1発売

定価:本体2,100円(税別)



臨床獣医 年間購読 1年(13冊)

年間購読料36,600円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

座談会 牛の輸液療法の過去,現在,未来(前編)

座長:和田恭則(麻布大学名誉教授)
参加者:味戸忠春(日本全薬工業㈱),大橋秀一(日本全薬工業㈱),
鈴木一由(酪農学園大学),山田 裕(日本獣医生命科学大学)


【 研究報告 】

■ボツリヌス毒素に対するカビ毒吸着剤の吸着作用
幸田知子ほか

【 視 点 】

■周産期の栄養管理に関する考察:負のエネルギーバランスは怖くない!(前編)
天野靖永

連載

■基礎と臨床で理解を深めよう!乳房炎Q and A(13)
「乳房炎と牛床の衛生度合いの関係はありますか?」
梅原健治・榎谷雅文

■ステージでみる牛の管理学(24)
「衛生管理編⑦ 乳用牛に対する暑熱ストレスの評価と効果的な対策」
鍋西 久

■これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学入門 成牛編(8)
「飼養管理と乾物摂取量 ~現場で注意したいポイント~」
及川 伸

■臨床に活かす基礎獣医学 3Dでみる子牛の臨床解剖学(5)
「足根部の立体解剖」
美名口 順ほか

■乳房炎モニタリング実践ガイド(7)
「ケーススタディ2 環境性レンサ球菌が多く検出されるケース」
三好志朗

■呼吸の病態生理学(42)
「呼吸器疾患の画像診断5:超音波検査による呼吸器疾患の鑑別(前編)」
鈴木一由・加藤敏英

■乳牛の栄養生理:タンパク質を中心に(5)
「タンパク質と免疫」
三浦 道三郎

■薬理学トピックス(213)
小久江 栄一

■Clinic & Pathology(269)
「豚のActinobacillus suis による線維素性壊死性胸膜肺炎」
相馬 茉莉絵


【 海外テクニカルニュース 】
  
■乳用子牛における受動免疫移行不全のカーフサイド診断法についての予備検討
大野 真美子

■肉用未経産牛における妊娠喪失と無発情の予測因子として超音波検査による生殖道の計測と骨盤の計測
北原 豪

■デンマークでのサーベイランスによって明らかになった新たなインフルエンザA型ウイルス
渡部佑悟

■オーガニック飼育採卵鶏におけるトリE型肝炎ウイルス感染症
岡村雅史

■欧州馬内科学会の合意声明(中編)-成馬の馬胃潰瘍症候群
徳力幹彦

このページのトップへ