バックナンバーを見る

月刊「臨床獣医」 ~産業動物獣医師のための臨床総合誌~



臨床獣医 2017年11月号 11/1発売

定価:本体2,700円(税別)



臨床獣医 年間購読 1年(13冊)

年間購読料36,600円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

豚流行性下痢対策の現状と課題

▽豚流行性下痢(PED)の発生状況と対策
末吉益雄

▽近年我が国で発生したPEDウイルスの特徴とその病原性
鈴木 亨

▽豚流行性下痢(PED)の再発を繰り返す養豚密集地域における獣医療チームの取り組み
伊藤 貢


【 海外レポート 】
■第8回APVS(アジア養豚獣医学会)参加報告
末吉益雄

【 研究報告 】
■ヨーネ病が牛飼養農場に与える損失の評価
榊原伸一ほか

【 Close-up 】
■食中毒事件、検査は真実を暴けるか?
横関正直

連載

■臨床獣医師のためのBrush Up 免疫学(3)
「補体について知ろう」
野地智法

■臨床に活かす基礎獣医学3D でみる子牛の臨床解剖学(16)最終回
「腸の立体解剖」
三好 健二郎ほか

■採材のキホン ~臨床検査のその前に~(8)
「下痢症状時の採材」
早川裕二

■呼吸の病態生理学(63)
「くすりを使いこなす8:フルオロキノロン系抗菌薬1」
鈴木一由・加藤敏英

■獣医行動科学(8)
「チェックリストと診療カード」
山本浩通

■これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学入門 子牛・育成牛編(2)
「分娩から初乳までの管理2」
福森理加

■中堅獣医師 Vet's File

■臨床獣医師のための研究室ガイド

■薬理学トピックス(235)
小久江 栄一

■Clinic and Pathology(291)
「粘膜病発症牛のパイエル板に主座する陰窩ヘルニアを特徴とする壊死性回腸炎」
川島大樹


【 海外テクニカルニュース 】

■離乳直後の肉用子牛における長距離輸送中の休憩期間が家畜福祉の指標に及ぼす影響
大野 真美子

■牛の直腸検査のトレーニング:牛によって違いは生まれるか?
北原 豪

■子豚の生時体重が離乳後の成績と農場の利益に与える影響
渡部佑悟

■ヒトおよび食用動物における抗微生物薬の消費量と薬剤耐性に関する統合的な分析:ECDC/EFSA/EMA 共同第2次報告書
橋本信一郎

■定量的歩様分析の時代においては,我々は跛行診断の再定義をしなければならないか?
徳力幹彦

このページのトップへ