バックナンバーを見る

月刊「臨床獣医」 ~産業動物獣医師のための臨床総合誌~



臨床獣医 2018年5月号 5/8発売

定価:本体2,700円(税別)



臨床獣医 年間購読 1年(13冊)

年間購読料36,600円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

暑熱環境下における牛の栄養代謝

▽高温環境による牛の栄養生理・エネルギー代謝の変化、エネルギー効率の変化
野中最子

▽暑熱期における牛へのバイパスナイアシン給与の効果
大坪利豪

▽暑熱期における牛へのグリセリン(グリセロール)給与の効果
谷村英俊、和田卓也

連載

■中堅獣医師 Vet's File(14)
嶋田誠司

■Clinic and Pathology(297)
「ウサギのPasteurella multocida A:11 による化膿性壊死性胸膜肺炎」
上野山 慧

■症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方(23)
「迷走神経性消化不良を疑った黒毛和種雌子牛の一例」
片本 宏

■症例報告
「黒毛和種繁殖雌牛に発生した破傷風事例」
山本伸治、田川麻衣、佐藤 東、小森淳子

■Close-up
「小学生・中学生向けの獣医師体験 ~ひらめき事業報告~」
岩野英知

■健康な牛を育てる! 臨床栄養学(1) New!
「エネルギーから栄養を考える」
三浦道三郎

■これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学入門子牛・育成牛編(7)
「分娩移行期の管理と子牛の哺育管理 その2」
杉野利久、監修:及川 伸

■呼吸の病態生理学(68)
「くすりを使いこなす13:分布容積(Vd)が小さいくすり ~第3世代セファロスポリン2~」
鈴木一由

■臨床獣医師のための Brush Up免疫学(6)
「免疫はいつ発達する?」
野地智法

■薬理学トピックス(241)
小久江栄一

■臨床獣医師のための研究室ガイド(14)
「バイオフィルム感染症の治療法・予防法の開発に取り組む!」
東京慈恵会医科大学 細菌学講座 慈恵医大・バイオフィルム研究センター


【 海外テクニカルニュース 】

■子牛の健康、成長、臨床的および超音波検査による臍帯感染評価への3種類の臍帯消毒液の影響
大野真美子

■ホルスタイン種未経産牛の卵胞の選択期における卵胞直径の多様性と関係する性腺刺激ホルモン濃度
北原 豪

■口腔液を用いた疾病モニタリング方法の検討
渡部佑悟

■ブロイラーにおけるカンピロバクターの新たなワクチン候補の検討
橋本信一郎

■馬インフルエンザの制御に対するワクチンの効果的な実施
徳力幹彦

このページのトップへ