バックナンバーを見る

月刊「養豚界」 ~養豚の現場が分かる・見える~



養豚界 2016年5月号 5/1発売

定価:本体1,600円(税別)



養豚界 年間購読 1年(12冊+臨時増刊号1冊)

年間購読料21,000円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

豚肉輸出の可能性

▽なぜ今輸出なのか?

▽輸出の取り組みが将来を決めるヒントに
高源精麦㈱/高橋 誠

▽と畜場が取り組む輸出 関係性の構築で長期の取引を実現

▽豚肉輸出国に学ぶPR

顧客ニーズを徹底的に分析すること
特性を生かしたブランディング

連載

■ルポ がんばる農家養豚
「地域に愛される農場でありたい」
富山県黒部市/㈲シンムラ

■今月の豚病注意報
第6回 「大腸菌症(浮腫病)」
JA全農家畜衛生研究所 クリニックセンター/尹 益哲

■欧米、アジアにおけるPEDの状況
「平成27年度 日本獣医師会 獣医学術会年次大会 国際シンポジウム」

■バリエーション豊かなトピックスに議論深まる
「JASV衛生セミナー」

■今日からできる! 日本流アニマルウェルフェアのすすめ
「⑧肥育期 その1 飼養環境」
NOSAI都城/島本正平、NOSAI連宮崎/辻 厚史

■「One Pig World」をテーマに議論の場を提供
「ゾエティス・ジャパン㈱ 生産者ミーティング2016」

■現場で働く従業員エッセイ
「集まれ! ストックマン」
㈲臼井農産/小泉 成次

■アメリカ大豆輸出協会(USSEC)
「養豚飼料視察ツアーレポート vol. 3」

■養豚技術者への道(123)
「PRRS コントロールに有用な検査」
ジョン・ガット(イギリス)/小林 順子(翻訳)

■ヨーロッパ養豚通信(170)
「授乳母豚の放し飼い 実践農場が抱える諸問題」
砂川 徹

■小麦ふすまとDDGSによる肉豚肥育
家畜栄養コンサルタント/大成 清

このページのトップへ