バックナンバーを見る

月刊「養豚界」 ~養豚の現場が分かる・見える~



養豚界 2016年9月号 9/1発売

定価:本体1,600円(税別)



養豚界 年間購読 1年(12冊+臨時増刊号1冊)

年間購読料21,000円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

今こそ実践! 日本流アニマルウェルフェア

▽なぜ今アニマルウェルフェアか?
(公社)畜産技術協会/八木 淳公

▽私が考える日本流アニマルウェルフェア
● 肩肘を張らずに、しなやかに考えるアニマルウェルフェア
㈲豊浦獣医科クリニック/大井 宗孝

●豚を理解することがアニマルウェルフェアの第一歩
国内生産者

●アニマルウェルフェアが安心を届ける
らでぃっしゅぼーや㈱/倉嶋 誠

▽ EU・オランダのアニマルウェルフェア畜産
日本獣医生命科学大学/松木 洋一

連載

■ルポ がんばる農家養豚
「試行錯誤を繰り返し次の世代へ」
秋田県横手市/㈱フカサワ

■はるかなる豚 豚のルーツと未来
第2回 「世界の豚飼い―もう1つの養豚の形」
国立民族学博物館/池谷 和信

■世界の養豚事情―現在と今後
オルテック国際シンポジウム vol.2

■養豚技術者への道(127)
「光についての考察 Part1 光の管理の重要性」
ジョン・ガット(イギリス)/小林 順子(翻訳)

■ヨーロッパ養豚通信(174)
「自家配合にほれ込んだ生産者」
砂川 徹

■豚肉直売、成功のカギ
最終回 「直売成功に欠かせないポイント」
㈲ベネット/青木 隆夫

■今日からできる! 日本流アニマルウェルフェアのすすめ
「⑫肥育期 その5 おもちゃと去勢の話題」
NOSAI都城/島本 正平、NOSAI連宮崎/辻 厚史

■多くの農場に潜む豚インフルエンザ
「国内における豚インフルエンザ浸潤状況」
ゾエティス・ジャパン㈱/眞子 丈資

■今月の豚病注意報
第10回 「マイコプラズマ肺炎」
JA全農 クリニックセンター 大阪分室/土屋 厚人

■現場で働く従業員エッセイ
「集まれ! ストックマン」
㈲松葉ピッグファーム/杉本 雄治

このページのトップへ