バックナンバーを見る

月刊「養豚界」 ~養豚の現場が分かる・見える~



養豚界 2017年5月号 5/1発売

定価:本体1,600円(税別)



養豚界 年間購読 1年(12冊+臨時増刊号1冊)

年間購読料21,000円 (税別・送料サービス)


※2種類以上の雑誌の年間購読を同時にお申し込みされますと、「送料」が加算されてしまいます。お手数ですが雑誌別にお申し込みください。
※年間購読をお申し込みの場合、お届け日・時間の指定はできません。


特集

飼料要求率改善への道

▽「PigINFO」から読み解くFCR
農研機構 食農ビジネス推進センター/山根 逸郎

▽FCRの基本と改善のためのポイント
フィード・ワン㈱/古市 朋大

▽事例から考えるFCR 体重測定と飼料の切り替えがFCR改善のカギ
㈲睦美ファーム/時岡 敦

▽事例から考えるFCR データの集積とそれを使いこなす人材

▽FCR改善に向けた栄養からのアプローチ
アメリカ大豆輸出協会/橋澤 義憲

連載

■ルポ がんばる農家養豚
「スリーサイトで経営する複合型畜産農場」
群馬県安中市/㈲タカハシファーム

■肉質改善計画 New!
第1回 「肉質の重要性と基礎知識」
近畿大学/入江 正和

■JGAP 家畜・畜産物が公表
「生産者が取り組むべきこととは?」
㈲豊浦獣医科クリニック/大井 宗孝

■新種豚PIQUA誕生
「第19回日本コツワルド清浄豚協会総会」

■IPCの活用で生産性向上を目指す
第3回 「IPCの実践と担当スタッフの重要性」
㈱スワイン・エクステンション&コンサルティング/大竹 聡

■今日からできる! 日本流アニマルウェルフェアのすすめ
「⑳輸送に関するウェルフェア」
NOSAI都城/島本 正平、NOSAI連宮崎/辻 厚史

■月1! 豚クイズ
第2回 「肉豚に関する問題~鉄編~」
㈲サミットベテリナリーサービス/渡部 佑悟

■もっと身近に! 疾病検査
第5回 「データ蓄積の重要性」
日本ハム㈱ 中央研究所/助川 慎

■現場で働く従業員エッセイ
「集まれ! ストックマン」
JAえひめアイパックス㈱ せと風ファーム/大野 孝

■ベーリンガーインゲルハイムが2016年の業績と今後の見通しを発表

■ヨーロッパ養豚通信(182)
「地域における養豚経営」
砂川 徹

■養豚技術者への道(135)
「やるべき仕事をもっとうまくやる Part 1 『無知』と『混乱』」
ジョン・ガット(イギリス)/小林 順子(翻訳)

■有機ミネラルの有用性
「オルテック畜産技術セミナーツアー2017」

■肥育豚のSIDリジン要求量
家畜栄養コンサルタント/大成 清

このページのトップへ