ごあいさつ 会社概要English採用情報
 


  国の内外を問わず政治、経済、社会そして地球環境など、私たちは、さまざまな分野で課題に直面しつづけています。こうしたなかで、出版社であるわたしたち緑書房は、人間、社会、そして地球のために、積極的に貢献できる存在として、役割を果たしていかなければならないと考えています。
  私たち緑書房は、日本が、そして世界じゅうの国々が未来に道筋をつけていくためのキーワードは「共存・共生」だと考えています。そもそも、人も、他の動物も、そして植物も、生命(いのち)のあるものはすべて、自分の力で生きているようだけれど、実は自然の大きな仕組みの中で生かされています。たとえば、気象という問題から考えてみると、人は、動物は、その力の前にほとんど成すすべがありません。寒暖の少しの狂いに農作物や水産物の穫れ高が左右され、大地震、大津波、台風の猛々しさや酷暑に翻弄される。この動かしがたい事実の前に、人は、人類は、もっと謙虚にならなければならないのだと思うのです。そして、謙虚の先に、「共存・共生」があるのではないでしょうか。
  地球規模で起こりつつある資源の枯渇や、絶滅危惧種などの問題を考えると、私たちは、日本人の中に古来から潜んでいるはずの「おたがいさま」や「ほどほど」といった感覚を呼び覚ます必要があります。ノーベル平和賞の受賞者であるケニアのマータイさんが、「もったいない」をローマ字で国際語にして広めてくれていますが、この「おたがいさま」と「ほどほど」も、世界に向けて発信していきたいものです。かつてに比べて活力を失っている日本ではありますが、こうして考えてみると、私たちは自らの明日を切り拓くための、さらには世界に向かって発すべき「知」をもっていることに気付かされます。
  緑書房が1960年(昭和35年)以来、ペットライフ社/チクサン出版社のブランド(発行所名)とともに、一貫して生命(いのち)をメインテーマに出版活動をつづけてこられましたのも、多くの方々のご支援、ご鞭撻があってのことです。出版業は近年、衰退産業のひとつとも目されがちですが、どれだけインターネットが発達しても、本という形態がもたらす最終的な利点はゆるぎないと私たちは確信しています。紙のものであれ、電子化したものであれ、本は、知識や思考が生み出され、保存されているパッケージであり、そこからさらなる知識や思考が展開されるためにあるものです。私たちは、著作者とともに、知識と思考と感性のトータル・パッケージとしての本を、これからもつくりつづけ、読者にお届けします。
  私たち緑書房は、人類はもちろんのこと、地球上のあらゆる生物の生命(いのち)を尊重する共存・共生の精神なくして、国際紛争の解決も、食糧危機の克服も、地球環境の保全もありえないと考えています。「いのち」と「ライフスタイル」という文脈で時代を捉え、多彩な出版活動を展開していきます。多くの関係各位のご協力に、そして読者の皆さまのご支持に、心より御礼を申し上げますとともに、これからも同様のお力添えをいただけますよう、お願い申し上げます。

   

株式会社 緑書房(ペットライフ社/チクサン出版社)

代表取締役社長  森田 猛