CAP

誌面連動 動画配信サービス

CAP
緑書房トップページ

CAP2015年2月号 Online Contents

Feauture Article! 跛行がみられたら~迅速・的確に診断するために~

跛行診断のアプローチ方法

動画1-① 上腕二頭筋腱炎 グレート・ピレニーズ,11歳齢,雄,32kg 半月前からの右前肢跛行を主訴に来院

動画1-② 汎骨炎 グレート・ピレニーズ,7カ月齢,雄,30kg 半月前からの右前肢跛行を主訴に来院

動画2 猫モンテジア骨折 ナックリング様歩行がみられる。あたかも神経障害が存在するかのような歩き方をする

動画3  肩関節完全脱臼(急性) 急性の場合,挙上し,負重することができない

動画4 肩関節完全脱臼(慢性) 内側に完全脱臼し,肩関節は繊維化し不動化している。 慢性化したもので,ある程度の負重はできる。硬化しているため整復はできない

動画5 中手骨骨折 肘から下方(遠位)に問題があると,つま先立ちの挙上になる

動画6  腫瘍による跛行(前肢) 挙上し,肘から下には力が入らない状態(ローアーモーターニューロン(LMN)徴候)となっている。この症例の診断は,末梢神経鞘腫であった

動画7  股関節形成不全(Canine Hip dysplasia:CHD)歩様 股関節形成不全を伴った8カ月齢の症例。角張った腰に注目してほしい。左右とも亜脱臼しているため,ぎこちない歩様となる

動画8 変性性腰仙椎狭窄症(Degenerative Lumbosacral stenosis:DLSS)歩様 坐骨神経障害のため爪を擦るなど,ナックリング様歩行となる。 腰を落とし,ふらついた歩様がみられる

動画9 左前十字靭帯断裂 負重性の跛行がみられる。負重しようとすると腰砕けになってしまう

動画10  左右前十字靭帯断裂 左右が断裂した場合は,かばう肢がないため,ちょこちょこと突っ張ったように歩行する

動画11 多発性関節炎による跛行 両膝の前十字靭帯断裂と関節の痛みにより,後肢に体重をかけたくないため,前肢に体重がかかった歩様となっている。疼痛による両後肢のCP欠如が認められる

動画12 脛骨の前方引き出し徴候/試験 手のもつ位置と,頸骨が床と平行に前後していることに注目してほしい

動画13 脛骨圧迫試験 足根関節を屈曲させると同時に,頸骨が左手人差し指をわずかに圧迫していることに注目してほしい

動画14-① 膝関節伸展痛の誘発方法 後肢を延ばした状態で,さらに手で膝関節を直接圧迫し,痛みを誘発させる(バーニーズ・マウンテン・ドッグ)

動画14-② 膝関節伸展痛の誘発方法 後肢を延ばした状態で,さらに手で膝関節を直接圧迫し,痛みを誘発させる(ミニチュア・ピンシャー)

動画15 ロードーシス試験 第7腰椎と第1仙椎を指で圧迫する。仙腸関節が伸展するように動揺させるのがコツで, 過度の圧迫は必要ない。股関節が一緒に伸展しないよう注意が必要